川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.2

2連覇記念特別企画、全選手レビューコラム。

今回は第2回目で、以下の4選手です。

5.谷口彰悟:シャーレを掲げるにふさわしかった、今シーズンの裏MVP。

6.田坂祐介:「グーンときているときに入団してきて、『すぐに(タイトルは)獲れるんでしょ?』と思っていたけど、全然獲れなかった。でも連覇できたし、チームのコントラストは見てきたかな。これを継続してほしい」。タサが見せた、心意気。

7.車屋紳太郎:「それは自分にないものなので、すごいなと思う」。同ポジションのライバルである山中亮輔(横浜FM)について語ったとき、彼の本質にちょっとだけ触れたような気がした。

8.阿部浩之:慌てず、騒がず、たじろがず。今季も頼もしかった優勝請負人が語った金言と、常勝チームの作り方。

以上、全部で約7000文字ほどです。

なお、第1回目はこちらです。➡️川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.1

では、スタート!

この続きをみるには

この続き:6,870文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年シーズンの川崎フロンターレの選手レビューです。

または、記事単体で購入する

川崎フロンターレ 2018年 選手レビューvol.2

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

センス、良いっすね。
4

連覇記念:川崎フロンターレ 2018年 選手レビュー

2018年シーズンの川崎フロンターレの選手レビューです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。