ワンポイントレビュー:今季初失点の動揺。選手に聞く「あの後の試合運びは、どうすべきだったのか?」(1st第2節湘南ベルマーレ戦:4-4)

湘南戦は4-4の引き分けでした。

大久保嘉人のJ1通算タイとなる157点目(翌日、佐藤寿人が158点目を更新)、誤審としか言いようがないソンリョンのオウンゴールでの今季初失点、パウリーニョの恩返し弾、大島僚太のエロすぎる左足浮き球パスからの、小林悠の柔らかすぎるトラップ&ゴラッソ、森本貴幸による11年ぶりとなるJ1での劇的同点弾・・・・と、これだけ語るべきポイントがあると、正直、何を書けば良いのやら、という感じですけどね。

今回のポイントは、こちらです。

1.前半、早く気付くべきだった2つのポイント。

2.今季初失点の動揺。選手に聞く「あの後の試合運びは、どうすべきだったのか?」

3.喫した4失点。奈良竜樹が直面した、攻撃的チームで守るメンタリティーの難しさとは?

4.4失点したからといって、守り方を全部変えるのか?という話。(※追記)

「ワンポイントレビュー」と言いながら、今回は4つもあるじゃねーか、という話なんですけど、しょうがないじゃないの、両チームで8点も入ったんだから!お客さん、絡むんだったら、他の店に行ってちょうだい。

今回は5000文字超えです。読み応えもあると思いますよ。

では、スタート。

この続きをみるには

この続き:5,930文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

サンフレッチェ広島戦(1-0)、湘南ベルマーレ戦(4-4)、名古屋グランパス戦(3-2)のプレビュー&レビューのパック。

川崎フロンターレの2016年1stステージの全17試合を詳しくレビュー。

または、記事単体で購入する

ワンポイントレビュー:今季初失点の動揺。選手に聞く「あの後の試合運びは、どうすべきだったのか?」(1st第2節湘南ベルマーレ戦:4-4)

いしかわごう

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

ありがとうございまっす!
4

1st第1節〜第3節パック(2016年J1リーグ)

サンフレッチェ広島戦(1-0)、湘南ベルマーレ戦(4-4)、名古屋グランパス戦(3-2)のプレビュー&レビューのパック。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。