ぼくがビックリマンから学んだこと:第22弾〜中澤ロココとケンゴロココ。ヘッドロココには、サッカー選手も憧れた!?

ビックリマンファンの皆さん、こんにちは。

どうも、いしかわごうです。

今回も引き続きヘッドロココの話をしていきます。

■ヘッドロココとサッカー選手

ヘッドロココが人気ナンバーワンキャラクターであることは再三伝えてきていますが、ヘッドロココファンを公言するサッカー選手とコラボしたシールというのもあります。

それがこちら。

サッカーボールとサッカーゴールを背にしたヘッドロココと、水色のユニフォームを着たヘッドロココ(最終武装型)です。

推薦者は、横浜F・マリノスの中澤佑二さん(2018年に引退)と、川崎フロンターレの中村憲剛選手でした!それぞれ紹介していきたいと思います。

■「今も昔も俺の中ではヘッドロココがNO.1!!」(中澤佑二)

中澤佑二さんはビックリマンファンを公言していて、特集本のインタビューにも登場したことがあります。

子供時代にはお年玉で箱買いをしたとのことです。一番好きなのはヘッドロココ、次にアリババ神帝、そして魔肖ネロだそうです。

(↓インタビューはこちらの雑誌に収録されています)

マリノス時代にはビックリマンとコラボ企画をして、ステッカーが販売されたこともありました。スタジアムのみでの限定販売だったはずです。

サタンマリアとヘッドロココとコラボして、「BOMBERマリア」「中澤ロココ」に変身しております。ビックリマンのサイズのシールではないのが少し残念でしたね。僕も入手してます・・・・・が、収用しにくい・笑。

■「ただただ格好よくて これを手に入れる為にひたすらお金をつぎこみました・笑 ジャスティス!!」(中村憲剛)

続いては、川崎フロンターレの中村憲剛選手。コメントにある「ジャスティス!!」は、当時(2017年シーズン)のゴールパフォーマンスに採用していたかけ声です。サンシャイン池崎さんをリスペクト。

中澤佑二さんが通常のヘッドロココだった為、こちらはホログラムの最終武装型をモチーフにしていましたね。

このヘッドロココが着ているのは、川崎フロンターレのユニフォームですよ!!これで無縁ゾーンに突入したら、燃えてしまいちゃいますけどね・笑。

■実は2バージョン存在している「ケンゴロココ」。

2017年にはロッテが川崎フロンターレをスポンサードしたことで、ビックリマンとのコラボ企画も展開されました。FC東京との一戦である多摩川クラシコを「多摩川オカシコ」とモジって、試合当日はコラボグッズ販売や特製シールも配布。

中村憲剛選手も「ケンゴ ロココ」としてシール化されました!

ケンゴロココは、実は2種類のバージョンあります。背景が水色のシールはロッテオンライン版、背景が黒のシールがスタジアムで配布されたものです。シール裏面の文章も少し違うんですよ。

ロッテオンライン版の方は、一般の方向けなので、中村憲剛選手に関する紹介文がありますね。

川崎の選手に関するシールの話は次回にじっくりと。

日本サッカーを代表する選手たちも憧れていた存在・・・それが、ヘッドロココなんですねぇ。

ではでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(バックナンバーはこちらで読めます)




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
6

ぼくがビックリマンから学んだことマガジン

1980年代に社会的ブームを巻き起こしたビックリマンシールの思い出と、そこから得た学びを語っています。サクサク読めます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。