デザインされていた同点弾と、魂で決めた逆転弾。そして、それでも勝ち切れなかった事実に向き合うこと。(ACL第5節・上海上港戦:2-2)

 等々力競技場で行われたACL・上海上港戦は2-2。

 相手は中国のチャンピオンチーム。前線にはフッキ、エウケソン、オスカルというワールドクラスのタレントを揃えており、予想していた通りのタフなゲームになりました。

前半早々に先制されながらも、一時は逆転まで持っていった戦いぶりは見事だったと思います。ただその一方で、ひっくり返すために、あの時点でチームとしてもかなりのエネルギーを消耗していました。勝ち切るための舵取りが、ピッチにいる選手だけではなく、ベンチワークも含めて非常に難しいゲームでもありました。

そういった試合のポイントを含めて、本文では書いておます。なおACL仕様のため、今回はマッチコラムです。約5000文字ほど。よろしくどうぞ。

なお、プレビューはこちらです。➡️試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ACL第5節・上海上港戦)

では、スタート!

この続きをみるには

この続き:5,442文字

デザインされていた同点弾と、魂で決めた逆転弾。そして、それでも勝ち切れなかった事実に向き合うこと。(ACL第5節・上海上港戦:2-2)

いしかわごう

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

センス、良いっすね。
10

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。