ISHIYA私観「平成ハードコア史」〜#7  EXTREME NOISE TERROR

2019年の今年、平成という時代に終止符が打たれる。

1989年から始まった平成だが、昭和からパンクシーンにどっぷりと浸かった俺は、昭和も終わりを迎える頃にDEATH SIDEというバンドでライブ活動やレコード発売が活発になって行った。

自身の活動を踏まえた上で考えてみると、平成という時代が人生のメインとなる活動時期だったと感じ、私観ではあるがその歴史を書き留めておこうと思い筆を取った。

これから連載をしていこうと思っているこのコラムでは、全くと言っていい「極私観」に基づくものであり、俯瞰の要素からはかけ離れているだろう。

しかし、平成のアンダーグラウンド・ハードコア・パンクシーンを体験し続けてきた俺の記憶に興味のある方であれば、興味深い話があるはずだ。

今まで世に出ていないこともたくさん出てくるはずだと思うし、こんな世界が世の中にはあるんだと、少しでも興味を持ってもらえれば、俺が人生を賭けてやってきたことも報われる。

売文を生業としているのでこのコラムに関しては有料とさせてもらうが、興味がある人は是非このコラムを購読してほしい。

今後このコラムを読んで、様々なバンドに親しみが湧く人間もいるだろう。しかし、自分が体験したことでもないことで、馴れ馴れしくバンドに知ったかぶりをして話しかけても自己責任なので気をつけることを忠告しておく。

昭和のハードコア・パンクの先輩たちがそうであったように、一旦中に入れば信じられないほどの優しさを見せてくれる日本のハードコア・パンクの人間たちだが、その壁は厚く高い場合があることを認識してほしい。

そうでなくては、このコラムを続けることができなくなるかもしれない。

平成に入ると海外ハードコアバンドが続々と来日を果たす。以前のコラムではDISCHARGEについて触れたが、他にもDISORDER、EXTREME NOISE TERRIRR、NAPALM DEATHの他に、CHAOS U.Kの再来日などが平成初期に行われた海外ハードコアの主要来日ライブであると思う。もし何か他にも思い出したら書くとして、今回は平成2年の1990年に初来日を果たしたEXREME NOISE TERRORについて書いて行きたいと思う。

実を言うと、DEATH SIDEのアルバム「WASTED DREAM」の裏ジャケEXTREME NOISE TERRORのアルバム「A HOLOCAUST IN YOUR HEAD」の裏ジャケをオマージュして俺が作ったもので、BASTARDのメンバーもEXTREME NOISE TERRORが大好きで、特にボーカルのTOKUROWはかなり影響を受けていた。それほどまでに日本のハードコアバンドに影響を与えたEXTREME NOISE TERRORの初来日ではあるが、これもまた色々なことがあった。

この続きをみるには

この続き:2,781文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
これから連載をしていこうと思っているこのコラムでは、全くと言っていい「極私観」に基づくものであり、俯瞰の要素からはかけ離れているだろう。 しかし、平成のアンダーグラウンド・ハードコア・パンクシーンを体験し続けてきた俺の記憶に興味のある方であれば、興味深い話があるはずだ。 今まで世に出ていないこともたくさん出てくるはずだと思うし、こんな世界が世の中にはあるんだと、少しでも興味を持ってもらえれば、俺が人生を賭けてやってきたことも報われる。

2019年の今年、平成という時代に終止符が打たれる。 1989年から始まった平成だが、昭和からパンクシーンにどっぷりと浸かった俺は、昭...

または、記事単体で購入する

ISHIYA私観「平成ハードコア史」〜#7  EXTREME NOISE TERROR

ISHIYA

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

30年以上に渡るバンド活動とモヒカンの髪型も今年で35年目。音楽での表現以外に、日本や海外、様々な場所での演奏経験や、10代から社会をドロップアウトした視点の文章を雑誌やWEBで執筆中。興味があれば是非サポートを!

グラシアス アミーゴ!
99

ISHIYA

JAPANESE HARD CORE PUNK FORWARD/DEATH SIDE VOCALIST. バンド以外にライターをやっていて、雑誌やwebにて連載コラムやインタビュー、レポートなど多数。

ISHIYA私観「平成ハードコア史」

2019年の今年、平成という時代に終止符が打たれる。 1989年から始まった平成だが、昭和からパンクシーンにどっぷりと浸かった俺は、昭和も終わりを迎える頃にDEATH SIDEというバンドでライブ活動やレコード発売が活発になって行った。 自身の活動を踏まえた上で考えてみると...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。