バルセロナVSバジャドリー 良き点と課題の持ち越し

バルセロナとバジャドリーの一戦で、バルセロナはクラシコが延期になったことで、休養をそれなりにとれてのホームでの試合なので、絶対に勝ちたいところです。

結果だけで先にいうとメッシ劇場で5-1の快勝でした。その中で気になった点をいくつかあげたいと思います。

・スタメン

バルサは直近のCLからアルトゥールが招集外で、恐らく怪我ではないので、休ませる狙いかと思います。
久しぶりのアンス・ファティがスタメンで、ベンチにはアレニャが入っておりできれば若手も使いたいなってところ。

バジャドリーは普段は4バックを採用していますが、この試合は完全な5バックで、前からはめるよりは後ろで待ち構えて、シンプルにカウンター仕掛ける狙いだと思います。
あとは中盤の構成で、ブスケッツ番としてプラノがいます。

・バジャドリーの守備

カンプ・ノウでありこの実力差も圧倒的にあることから試合は終始バルサがボール持つ展開になります。

まずセルジグアルディオラとマリンでCBを牽制します。
プラノがブスケッツがマンマークします。これは監督の指示で、この試合中常にマンマークしていました。
中盤2枚で、バルサの両IHを見る形で、後ろの5枚はスペースを埋めるの重視で、前に潰しにはこないので、フリーマンのメッシが降りてくると中盤は数的不利になります。
数的不利だったとしても、人数をかけてスペースを狭くすれば全然問題ないですが、2枚で数的不利を作られるとバルサクラスの中盤だと完全に前を向かれてしまいます。

バルサはメッシ等の選手が前を向いた時に後ろの選手が必ず背後のスペースを狙ってきます。

加速して入ってくる選手を捕まえるのは難しいので、あらかじめその入ってくるスペースで待ち構えてないと止められません。
そういう意味で、後ろの5枚は前にでないで後ろで待ち構えていたと思いますが、ただスアレス1人に対してCB3枚は多すぎると思います。

バルサのSBが低い位置をとると完全にフリーなってしまうのもこの守備の欠点でした。
バジャドリーのSBも前にはでてこないので、中盤をスライドさせるか、前線がプレスバックするかで対応していましたが、どうしても遅れてしまうので、バルサとしては安全ゾーンが一つ確保されている状態でした。

キーパーからのビルドアップの時に、左のアルバが完全に空いてしまっている状態です。

・気が利くブスケッツ

バルサは中盤の数的優位とSBがフリーということで、元々有利にボールを運べる状況ではありましたが、ブスケッツが気を利かせることでさらに中盤がプレーしやすくなります。

プラノがブスケッツをマンマークしていますが、バジャドリーは中盤2枚で戦っているため、流石にプラノがスペースを埋めようとします。

ただブスケッツが後ろに下がって、プラノを引きつけます。ブスケッツのうまいところは最初から後ろで待っているのではなく、プラノに一回自分を意識させてから、後ろに下がるため、プラノがブスケッツをマークしなけばと思い、堪らずスペースを空けしまいます。

ブスケッツが引きつけて、デヨングのコースを空けてます、

これは最初にブスケッツが引きつけたため、プラノが慌てて戻っていますが黒矢印のスペースが空いています。

ブスケッツが気を利かせせたこともありますが、バルサは一度は追いつかれますが、ビダルの飛び出しから勝ち越します。

バルサは基本的にメッシにいい状態でボール届けることができれば点になる確率が高いので、いかにその状況を作るかということが試合のポイントになります。
ビダルの勝ち越し点もメッシも相当うまかったですが、前を向いた状態でボール届けれたというのがでかかったと思います。
そういう意味でブスケッツのプレーは効いてたと思います。

・ビダルの鬼守備

この試合に限らずですが、基本的にバルサは守備をしないメッシをカバーする人が必要で昨シーズンはラキティッチが担当して、今シーズンはセルジロベルトだったりデヨングだったりビダルだったりがこなしてますが、この試合見るとビダルが適任ではと思いました。

メッシもスアレスも守備をしないわけでなく、一応中盤のパスコースを切っていて、サイドにボールが流れるような立ち方をします。
でも追うことはしません。
サイドにボールが行くと、当然ビダルがスライドしてきますが、とにかくビダルプレスの仕方がうまいです。

このシーンビダルを後ろを気にしてます。

赤丸のセメドが来たのを確認してからプレスに行きます。結果的にこのプレスは成功して奪取に成功します。
また、青丸のメッシもちゃっかりコースを切っています。

このシーンはビダルはマークをしていましたが、当然メッシは追わないのでスライドしてビダルが出るところです。
ブスケッツがスライドしようとしますが、スライドしすぎると今度は中央が空いてしまいます。
ビダルはしっかり背中でコース切りながらプレスに行っています。
要はただ闇雲に走り回るのではなく、味方のポジションを気にしながらプレスをかけているのがわかります。

左サイドは今日のアンス・ファティにしろグリーズマンにしろプレスをかけてくれるので、ここまで運動量は求められませんが、右はプレスのかけ方もタイミングは重要だと思います。

そういう意味でビダルは対人も相当強いので適任かと思います。

・後半バジャドリーの変更とバルサの守備問題

後半バジャドリーは後ろ一枚削って中盤を一枚増やします。
数的不利になる中盤をなんとかしようとする狙いと、2点ビハインドのため攻める必要があることでの変更だと思われます。
それで上手く行ったかは微妙で、後半最初はデヨングで途中からラキティッチに交代しましたが、そのデヨングとラキティッチが後ろに降りて数的優位を作るか、相手がついてくれば、そのまま中盤が2枚になるため、結局は前半と同じで降りてくるメッシを捕まえ切れませんでした。

さらにアンス・ファティと交代で入ったグリーズマンが中に入ってくるためさらに捕まえ切れなくなりました。
その後メッシスアレスが決めて5-1で試合終了です。

先程メッシが追わないところをビダルがカバーしてると書きましたが、ビダルが遠いところにいる場合問題が発生します。

まず何故ビダルが遠いところにいるかというと、バルサの守備は前から近いところを埋めていくので、当然逆サイドは空きます。
左サイドにボールがあるときにアンス・ファティがプレスに戻ります。
中盤も近くの選手をつかみにいって、ビダルも当然絞ってきます。
このときにメッシorスアレスも連動して、バックパスのコースを消しにくればサイドを変えられことはないのですが、消せないと簡単に変えられてしまいます。

ここからサイドバック入れられるとビダルの負担が増えます。

このときスアレスはしっかりプレスバックしてくれますが、メッシはしません。

これがスアレスです。

メッシの場合この位置でもビダルが行きます。黒矢印がビダルです。

このスライドの仕方をしていたら、今後SBにいい選手がいるチームに確実にやれます。

慢性的な問題ではあるんですが、ここをバルベルデがどうするかですね。
個人的に守備の時だけでもスアレスを右に置いてもいいとは思います。
ただスアレスもメッシよりかは追うってだけで、そこまでは期待できません。

・雑感

正直アレニャだったりペレスあたりを見たかったのが本音です。
ただデヨングが怪我したときはまだ2点差で時間もまだあっため、あまり冒険したくない気持ちもわかります。
そしてバルサの1番の問題として、使わなきゃいけない選手というかベンチに置いとけない選手が一定数います。
スアレスとメッシは変えることができないため、ペレスは投入しづらいし、ラキティッチも使わないと出て行ってしまうし、むしろ使って欲しい気持ちもありますが、非常に難しい采配をしいられるのでカンテラを見る機会はなかなかこないのかなと思います。

あとはデヨング、アルトゥール、ビダルの中盤をやるにはブスケッツを外さないといけなですし、正直今日の試合見るとビダルは出すべきだと思うし、ブスケッツはブスケッツで気が利くので必要ですので難しいと思います。

後は今後アウェイの弱さを改善してもらいたいところです。
長文失礼しました。

#バルセロナVSバジャドリー
#メッシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ナマズ

海外サッカーほぼ毎日見ます。もちろんJリーグもみます。とにかくサッカーをもっと知って勉強したいので、面白いチームと面白い試合は必ずチェックします。フットボリスタ毎月購読してます。バルサファン歴15年くらいで、後はにわかグーナーです。多分レビューはあんまりしません笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。