鹿島アントラーズVS浦和レッズ 窒息させてからいたぶる鹿島

鹿島アントラーズと浦和レッズの一戦。幻のACL準決勝。

・スタメン

鹿島は人間ルンバの三竿とレオ・シルバが返ってきたのは非常にでかくて、ここにきて盤石の体制が整いつつあります。
レッズは過密日程も考慮して主力を若干温存、ただ気がつけば残留争いも強いられているので、負けらない一戦であることは変わりません。

・鹿島守備

プレス開始位置はゾーン2(ハーフラインより少し前)で土居と伊藤がレッズのボランチへのパスコースを消して、中央からの展開は絶対にさせない狙い。
このときにレッズのCBは比較的余裕をもってビルドアップができるので、運び出しができていれば、ボランチをうまくフリーにすることができたんですが、そういうプレーは皆無で、本来できるはずの槙野も自重していました。

CBに横幅をとってトップのプレスがかかりづらくする作戦は、鹿島のサイドハーフがスライドしてくるのでそれは使えなく、立ち上がり岩波が白崎に鬼プレスにあい狙われていました。

鹿島の中盤は基本はゾーンで対応で、トップがCBにプレスに行ったときは前に詰めます。
ただ基本は自分のゾーンは空けないで、レッズのシャドーを背中で見ながら、前に出てきたら潰すという形です。
さらに、鹿島はCBが前や横に潰しに行くことがあるのでそのカバーに最終ラインに入ったりもします。

深い位置に押し込まれたときは、サイドに押し込んで、サイドはSBとSHで蓋をしてボランチがハーフスペースを消します。

その中でレッズはシステム上WBと鹿島のSBが噛み合わないを部分をつこうとします。
まず柏木が鹿島の町田を引きつけます。
白崎は岩波にボールが入ったときに基本的には寄せます。
ただ町田は柏木がいるためすぐには前にでれず、橋岡へのプレスが遅れます。
この流れを前半柏木は意図的に作っていたと思います。
ただ橋岡が受けても次の展開がダメだったのでチャンスにはなりませんでした。

それ以外では、鹿島は前半から浦和が攻め込めない形をしっかり作り、失点のリスクを回避することに成功します。

・鹿島の攻撃

鹿島の攻撃の特徴として、シンプルにスペースにいれて奥行きをとって、その落としを中盤が受けに行くというのがあります。相手を縦に動かして攻めていくという形です。

ただ闇雲に前にロングボールをいれるのではなく、いれるための工夫もあります。

まずレッズのプレス開始位置は鹿島よりさらに低く、杉本を1枚残して5-4-1の形で守ります。

鹿島は中盤の2枚があえて前に出ない、プラス左サイドバックの町田が高い位置をとらないので
実質後ろに5枚いるので、杉本からのプレスはほとんど受けません。

ちなみに前から来たときや2枚が最終ラインに来たときは、三竿が最終ラインに落ちて、数的優位を作って安全にボールを運びます。

要するにレッズの中盤の前のスペースにフリーゾーンを作って、そこから安全に配給していく作戦です。

フリーゾーンで受けた鹿島はレッズの中盤を前に釣り出させようとします。
ファブリシオやエヴェルトンあたりがちょいちょい釣り出されていました。
レッズを釣り出せたら、最終ラインと中盤の間に位置取る遠藤や土居につけます。

釣り出せないパターンもあります。

パターン①はフリーゾーンやや左の位置から斜めに走る遠藤の裏のスペースへロングボール。

パターン②は永木に預けて関根とファブリシオを釣り出して、遠藤が自ら空けたスペースに入ってくる。ナポリのカジェホンとかがよくやってるやつです。

パターン③は左サイドの横幅をとる白崎に入れて中にそこから中にパスを入れてくるパターン。

鹿島の後ろは人数が整っているためリスクを回避して、安全な場所から配給してじわじわと攻めてました。

・後半さらに窒息してさらにいたぶる

前半使われ気味だった左サイドのWBが浮く問題は、CBとSBのスライドを 速くすることで対応しました。
柏木が降りてくるとレオ・シルバにマークを受け渡して対応です。
この結果、後半は完全にレッズのビルドアップが窒息してしまい、相手のミスかセットプレイでしかチャンスをつかめなくなります。

鹿島の攻めの狙いは変わりませんが、徐々にレッズの中盤が引きつけられたり、釣り出されたりしてそれを埋めるために後ろが出ることで、結果的に裏のスペースが空き始めます。

そして先制点です。

後方でボールを保持した三竿に対して、セルジーニョが中で受けようとします。それに対して永木をケアしていたファブリシオが中を埋めます。すると永木がフリーになり、それに対して関根が釣り出されます。
その関根のスペースに伊藤が入ってきて、その流れから、最後はセルジーニョが押し込んでの先制点でした。

先制されたレッズは興梠をいれて2トップにして点を取りに行きますが、試合巧者の鹿島にシャットアウトされてそのまま試合終了。

大槻監督の突き飛ばしとかもあってレッズとしては後味が悪かったですかね。

・雑感

この試合1番目立っていて、レッズを窒息させた1番の立役者はズバリ三竿です。
杉本に入る縦パスに対しての挟み込み、中盤で誰かが遅らせたときの2枚目のプレスバック、セカンドボールの回収等々、それらをノーファールで行えており、存在感抜群でした。


奪った後の球出しも安定しており、かつプレスをかけられたときの耐性も含めてとにかくこの試合は手がつけられなく、戻ってきたのは非常に大きいですね。
逆にレッズは興梠が不在だったことで前線でポイントができなくて、攻めの形を上手く作れませんでした。
ACLの影響で過密日程もあり、主力上手く休ませなければいけないので、非常に難しいところではあると思います。
この試合に使える戦力の差も大きかったと思います。

鹿島はシステムが噛み合わないところ、WBとSBのところをうまくつけたのに対し、レッズは前半柏木がうまく使いかけたが、後半すぐに対応されてしまったので残念でした。
後はCBの持ち上がりをもしかしたら自重するように言われてるのかもしれないですが、それができたら、ボランチをうまくフリーにすることができたのと、ボランチはボランチでポジションを変えみたりといった配給するにあたっての工夫が足りなかったかと思います。その結果、鹿島はリスクを回避してじっくり攻めらてしまいました。

以上鹿島とレッズ試合レビューです。長文失礼しました。
#鹿島アントラーズVS浦和レッズ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

ナマズ

海外サッカーほぼ毎日見ます。もちろんJリーグもみます。とにかくサッカーをもっと知って勉強したいので、面白いチームと面白い試合は必ずチェックします。フットボリスタ毎月購読してます。バルサファン歴15年くらいで、後はにわかグーナーです。多分レビューはあんまりしません笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。