石井(5)

君の名前をおしえろ https://kakuyomu.jp/users/isiigosai

俺のおちんちんはお前だけ

『この世には二種類の人間がいる。それは……』という枕詞が俺は大嫌いなのだが、なぜかというと汎用性が高すぎて結局何も言い表せていないからで、たとえば『この世には二種類の人間がいる。それはアンチョビを食べたことがある人間とない人間だ』とか『人を殺したことがある人間とない人間だ』とか『童貞か非童貞だ』とかそんなのを聞くとじゃあ童貞で何が悪いのか説明してみんかいと胸ぐらを掴みこんこんと説教してやりたくなる

もっとみる

butterfly_s あとがき

カクヨムで公開している『butterfly_s』のあとがきです。
 ネタバレなしで書いていきます。

 一九六三年の架空の日本を舞台に、女子高生スパイが暴れまわる本作ですが、最初の構想は全然関係のないものでした。

 現代日本のマンモス学園を舞台に、たまたまそこに入学していた女子高生殺し屋たちがお互いに殺し合うという、まあ連作短編集みたいな感じを想定していました。元ネタは完全に高橋慶太郎『Ordi

もっとみる

脚本『はるかな国で死ね』

目をさましたら?
あなたは夢をみてるんだ
萩尾望都 『はるかな国の花や小鳥』

あらすじ

 夏川航平が失踪した。同志茶ミステリー研究会に所属するその後輩、双瀬はミス研のOBで探偵を営む谷流石と共に夏川の捜索を開始する。そして暴き出されるサークルの暗部と彼らの真実。解決したはずの六年前の密室殺人事件が再び探偵の前に立ちはだかる。事件の真相は存在するのか。夏川航平は何故失踪したのか。はるかな国はどこ

もっとみる

ノーマンズランド あとがき

これはカクヨムに公開しているノーマンズランドという小説のあとがきです。最初はネタバレなしで記します。

あとがき

戦争とはなにかと、最初に調べました。
クソみてえだな滅びろと思いました。戦争は手段だから、避けようのない現実だから、そういう冷笑的で現実主義を気取っている奴らにも吐き気をおぼえました。綺麗事を言ってなにが悪いというのか、少なくともそれを諦めたらなにもかも終わりじゃないのか。
だから、

もっとみる