週刊isologue(第429号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編6)

今回もソレイジア・ファーマ社の優先株について、解読していきたいと思います。
前回は、港区に移転後の登記簿で、A種優先株式、B種優先株式の内容を見てみましたが、今回はさらにC種優先株式、D種優先株式の2種類の優先株式と、第1回から第10回までの転換社債の内容を見てみます。

目次とキーワード

C種優先株式の定款への追加
D種優先株式の定款への追加
A種優先株式だけ転換係数が半分の謎
優先株式の種類別の優先・劣後関係(C種だけ劣後)
優先株式の種類別の拒否権の設定(A種・B種だけ拒否権あり)
なぜ10回も転換社債を発行したのか?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第429号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編6)

Tetsuya Isozaki

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Tetsuya Isozaki

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から解説するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。