週刊isologue(第410号)ベンチャーの資本業務提携に必要な、たった一つのこと(第4回)

今回は、資本業務提携の第4回目で、残余財産優先分配権が実際のM&Aの際の分配に与える影響を考えます。


目次とキーワード

残余財産優先分配権の順位
最優先順位である場合
会社破綻時の清算とM&A時の「みなし清算」
回収見込みへの影響
(ベンチャーに資金がない場合/潤沢にある場合)
優先株式の中で最劣後だが普通株式より優先する場合
インセンティブの観点から考える
普通株式と同順位の場合
「折衷案」は機能するか?

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:59文字
記事を購入する

週刊isologue(第410号)ベンチャーの資本業務提携に必要な、たった一つのこと(第4回)

Tetsuya Isozaki

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Tetsuya Isozaki

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から解説するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。