週刊isologue(第516号)VCの作り方(法人GP税務編その4)

今回も、ベンチャーキャピタル(VC)の法人のGP(ファンド運用者/無限責任組合員)の税務とインセンティブ設計を考えます。

今回は、話をシンプルにするために、マネフィーと有価証券の譲渡益で受け取ったキャッシュを、そのまま全額第三者に業務委託費として支払う契約となっているSPC(特別目的会社)を考えてみます。

目次とキーワード:

非課税売上→課税売上への「変換装置」
想定するSPC
マネフィーだけの場合
有価証券譲渡収入もある場合
法人税等も考えた場合

本稿は法的・税務的助言を行うことを目的とするものではなく、財務(ファイナンス)的な観点などから、取り上げたテーマの性質を考えるためのものです。文書を実際に解釈したり運用するにあたっては、弁護士・税理士等の専門家の意見を参考にしてください。

他にも、個人などのファンドの会計や税務については、週刊isologue第387号〜第403号の「VCの作りかた(会計・評価編)」もご参考になるかもしれません。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:127文字
記事を購入する

週刊isologue(第516号)VCの作り方(法人GP税務編その4)

Tetsuya Isozaki

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Tetsuya Isozaki

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から解説するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。