週刊isologue(第485号)上場前後の資本政策(2018年第2四半期その2)

今週は、第2四半期に上場した企業の資本政策を見てみます。

今年の第2四半期+αに上場したのは、以下の企業でした。

今回は、

メルカリ
ログリー
コーア商事ホールディングス
SIG
ZUU
ライトアップ
国際紙パルプ商事
アイ・ピー・エス
エーアイ
プロパティデータバンク
スプリックス

をとりあげます。
(第3四半期に入ってから上場したロジザード、キャンディル、MTGについては、また後日。)

メルカリについては、「特別編1、2、3、4、5」で詳細な解説をいたしましたが、今回もダイジェストを掲載するとともに、上場前後の各投資家の売却状況を分析いたします。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第485号)上場前後の資本政策(2018年第2四半期その2)

Tetsuya Isozaki

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Tetsuya Isozaki

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から解説するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。