週刊isologue(第486号)VCはいかに株式を売却するか?(2018年第2四半期編その1)

今週は、第2四半期に上場した企業の投資家別の株式の売却パターンを見てみます。
今年の第2四半期+αに上場したのは、以下の企業でした。

今回は、

ブティックス(ベンチャーキャピタル等の投資家なし)
ビープラッツ(グロービス他)
ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(大和PIパートナーズ)
コンヴァノ(インテグラル・パートナーズ)
HEROZ(モバイル・インターネットキャピタル)
ベストワンドットコム(モバイル・インターネットキャピタル)
アイペット損害保険(ドリームインキュベータ)
エヌリンクス(ベンチャーキャピタル等の投資家なし)

をとりあげます。

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

この続きをみるには

この続き:49文字
記事を購入する

週刊isologue(第486号)VCはいかに株式を売却するか?(2018年第2四半期編その1)

Tetsuya Isozaki

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Tetsuya Isozaki

週刊isologue

ベンチャーをはじめとする世界の企業について、ファイナンスの観点から解説するマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。