イタイヒロウ@難病

慢性疲労症候群を患っています。母は統合失調症、父はアルコール依存症で広汎性発達障害 の疑いがあり、いわゆる機能不全家族 で育ちました。資格を取得し正社員で働いていましたが、親が何度も問題を起こし、警察、病院、保健所等から呼び出され、介護と仕事で身を削りこのような状態となりました。

毒親の自己保身(アルコール依存症で発達障害の父)

私が中学3年生のとき、高校を決めるときのことです。私の母は統合失調症で、そのころ非常に症状が悪化していました。学校へ乗り込んできては、「息子の顔が違う」などと叫び、授業を妨害していました。そのため、私は先生からも厄介者扱いされ、いじめられていました。そんな母を病院につれていこうとすることもなく、社会保障の手続きをすることもなく、父は酒を飲み、母や私を殴ります。
私は居場所を作るため部活動に励んでい

もっとみる

毒親の呪縛とは 未来を考えられない理由

NHKのハートフルネットに、精神疾患の親に育てられた経験のある方の体験談・メッセージというものがありました。発達障害でアルコール依存症の父と統合失調症の母に、私は育てられました。まさに当事者といえるでしょう。
読んでいくと、同じ経験をする人達に対して、「過去に縛られているように感じた」とし、「過去より未来どうするのか考えることが重要」、と提案がありました。
たしかに、これからも生きていくのであれば

もっとみる

日経ビジネス 「日本では、本にすら触れられない人が増えている」を読んで

「知的無医村を作ってはならない」、という考え方にとても共感しました。本は知の基盤という言葉は、いいかえれば、本を読むということができない人には、知の基盤を得ることは難しかったと思います。もちろん、習字やそろばん、職人のもとで弟子入りなど、本以外でも限定的な知であれば得ることはできたと思います。しかし、これまでの世の中では、本以外から知に触れられる機会はそうそうなかったでしょう。

学習障害や、学習

もっとみる

池袋・高齢者暴走事故の遺族会見と“私”の現実を読んで

当事者ではない私たちだからこそ、冷静にこの事故を見つめることができると思います。それなのに、SNS上でバッシングが繰り返されていて、一方で、本来冷静でいられないはずの当事者が冷静な会見をされたことに、私は強い違和感を覚えました。
『「老いる」ことをもっともっと「現実的」に考える必要がある』についてですが、筆者のいいたい、現実とは何なのか読み取れませんでした。
私は両親の介護を子供のころからしてきま

もっとみる

介護の格差-たった一人参考にならなかったと投票した意見-

参考にならなかったに投稿しました。
私は両親を介護していますが、この記事を読んで、様々な格差を強く感じさせられました。フランス革命の前にマリー・アントワネットが、「パンがなければお菓子を食べればいい」といったとされていましたが、そういわれた平民のように感じました。
そう感じたのは、主に、「介護のプロの手を借りること」、「卵を好きなように購入できる」、「周囲の協力を引き出しつつ解決策を導き出す」につ

もっとみる