Tomita Itaru

元月刊G-men編集長(〜2014年)。「オリイジン」(ダイヤモンド社)にライター/編集として参加。ダイバーシティ&インクルージョンをテーマにした記事や、好きな映画のこと、日常のあれこれなど書いています。1964年、別府出身。itaru.tomita1964@gmail.com

[レインボーリール東京2019]LGBTショートフィルムの魅力

毎年、7月に開催され、今年で28回目となった「レインボーリール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」は、日本のLGBT関連の中ではもっとも長く継続しているイベントです...

LGBT映画の祭典[レインボーリール東京2019]スパイラル初日レポート

7月5日(金)〜6日(土)に東京ウィメンズプラザで一部のプログラムを先行上映、そして7月12日(金)〜15日(月・祝)の週末3連休は青山スパイラルホールにて全プログラム...

どのキャラの視点で見るかで、映画「ゴッズ・オウン・カントリー」の印象が大きく変わるというお話。

イギリス北部ヨークシャー地方の農場を舞台に、その農場の跡取り息子・ジョニーと短期雇いでやってきたルーマニア移民の男・ゲオルゲのラブストーリーを描いた映画「ゴッズ...

LGBT映画の祭典「レインボーリール東京2019」最速レポート

今年も、東京に夏の始まりを告げる映画ファン待望のイベント「第28回レインボー・リール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開幕しました。 7月5日(金)6日(土)...

サンドウィッチマンはなぜ「ベア系ゲイカップル」と思われたのか?〜アジアの「ベア系ゲイ」の定義

※※このエントリは2016年3月21日にLetibee LIFEで公開した記事を加筆修正したものです。 手前味噌でありますが、2016年3月12日につぶやいた下記のツィートが予想もしなか...

映画的興奮に満ちた「ハンズ・オブ・ラブ」を見逃せない理由

※このエントリは2016年11月27日にLetibee LIFEで公開した記事を加筆修正したものです。 「ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気」は、2019年7月2日23:59までGYAOにて無料配...