見出し画像

2年経つとブログの90%は更新停止するっぽい。

過去に総務省が「ブログ」に関してレポートを出しているのをご存知でしょうか。

このレポート。インターネットメディアやSNSについて研究している方は一読おすすめします。これは今から10年前のレポートなので、今とは環境が異なりますが、それを加味して読んでも、あらゆる示唆に富んでいます。

ブログの実態に関する調査研究
~ ブログコンテンツ量の推計とブログの開設要因等の分析 ~
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/survey/telecom/2009/2009-02.pdf

ちょっとだけ、このレポートで私が面白いと思ったデータを紹介しますね。

たとえば、ブログの「想定読者」に関するデータ。
10年前の2009年では「他者に向けて書く」というより「自分に向けて書く」という利用の仕方が一般的だったようです。

ブログ更新の動機も「自分の記憶や知識を整理するため」が1位になっていました。

また、ブログで人格に対する誹謗中傷などのトラブルに遭うことはほとんど無かったようです。なんて平和なんだ。

そして、特に面白いと思ったのは「ブログの継続率」です。

開設されたブログが
・1年後にアクティブである確率は30%
・2年後にアクティブである確率は10%
・3年後にアクティブである確率は3%

※アクティブ・・・1ヶ月に 1 回以上の頻度で継続的に更新

で、これを見たとき「でも、2009年のものだしな、、、」と思っていたんです。

しかし、ダメ元で情報を漁ってみたところ、下記の「2万件のはてなブログを分析した記事」に出会いました。

この方の分析結果を見るに、下記のように結論付けていました。

・3ヶ月続くブログは70%
・1年間続くブログは30%
・2年間続くブログは10%


しかもこの条件、3ヶ月に一回書けばとりあえず継続とみなすという激アマ条件ですからね。

あれ、
1年継続は30%。2年継続は10%って。
総務省の2009年のレポートの数字と同じだ。

総務省のレポートは「1ヶ月」でアクティブかどうかを見ており、一方、このブログは「3ヶ月」で見ているため、厳密な比較はできないものの、1年続くブログは30%。2年続くブログは10%という数字が全く一致しているというのは、もう、ブログの継続率って、全体感として、そういうものなんじゃないのかな?と思っちゃったわけです。

この事実はこうも捉えることもできます。

2年間ブログを続けると、ブログを開設した人の中で、上位10%に入れる。

このnoteとかも同じで、2年続ければ上位10%入りできるのだろうか。

私はこのnoteを書き始めて大体1年経つけれど、もう1年続けると2年になります。全く無理をしてやっていないので、多分継続いけると思います。

いかに「継続すること」が人間にとって難しいかを改めて考えさせられました。

ーーーいたちょーーー
Twitterもやっています。フォローしてもらえると嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

コーヒー代に使わせてもらいます!!

ありがとうございますっ!励みになります!
23

板橋 洋輔 (いたちょ)

メーカーでマーケティング職 // スタジオフォトグラファーとしても活動。→https://www.yosukeitabashi.com // ドラマーとしても活動。現在コンテスト参戦中 → https://www.youtube.com/watch?v=_h9TazQX_eo

《noteで書くって、なんだろね?》 初心者のためのマガジン

note初心者の五百蔵がnote内で迷子にならぬように、 自分をはげまし鼓舞するために集めたもの。いや、いまも集めているもの。 当然ノウハウ的なものもある。カイゼンについてのもある。 基準は独自。何を書いたらいいか考えていきたいから、そんなのも集めている。 #note初...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。