見出し画像

35歳からの資産運用(老後2千万目標)

ここ1ヶ月、金融庁の「老後2000万発表」を受けての電話営業があり、ファイナンシャルプランナーに会っていたのもあり、お金のことばかり考えていました。

お金教から脱して、お金に囚われず楽しいことを追求するよう心がけているのですが、本当はお金大好きなので、一度考えだすとお金のことで頭一杯になります(笑)

そろそろお金のことを考えるのを辞めたいので、現状の考えをnoteに書いて整理して、終わらせたいと思います。

現在の資産

銀行預金 1671万(2019/5/31銀行明細より)
ビットコイン 93万(2019/6/29現在)
高額医療費 -10万(8月手術で入院支出予定)
==============================
合計 1754万(約1700万)

ビットコインは正直ギャンブルすぎていつ暴落するか分からないので、資産は1700万と仮定します。

これまでの資産運用

26歳の時に2270万で中古マンションを購入しました。
34歳の時に2450万で売却したので多少売却益はありましたが、不動産会社への手数料や諸経費など除くと大した売却益ではありません。
購入時より高く売れたことで、住んでいた約9年分の家賃をほぼ0円相当に抑えられたことで、家賃が年間100万だとした場合、年間家賃100万✕約9年分=約900万の支出を抑えられたのは、現在の資産上でかなり助かっています。
2018年2月に60万円分ビットコインを購入しまして、現在ビットコインが上昇しているのでまだ売却してないので暫定ですが93万となっています。

今後は3つの収入源で資産を増やしたい

収入源①サラリーマン収入の貯金

ここ数年上っていず(むしろ下がったかも)、またこれからそんなに上がりそうな気もしません(笑)
転職したら上がる可能性もありますが、ストレスが増えて他のことにチャレンジできなくなるのは嫌なので、このまま続ける予定です。
引っ越ししたりメチャクチャ散財しなければ、年間30~50万くらいは貯まるのかな(月の収支を把握してないですが)。
業績ボーナスなどあるかもしれませんが、業績ボーナスは一切なし想定、昇給も0円の控えめ予想とします(笑)
ワンチャン宝くじが当たるような確変が起きるかもしれませんが、もちろんそんなものを資産設計には入れられません。

給料だけだと、40歳までにサラリーマン収入だけだと150~200万くらいの貯金が見込めます。

収入源②資産運用

ビットコインはお遊びとして、銀行預金1671万と預けすぎなので、内1000万を資産運用したいのですが、金額が大きいのでなるべく低リスク低リターンを目指したいところ。
ファイナンシャルプランナーには、アクサ生命の「アップサイドプラス」を提案されました。

※6/30追記

別の保険会社の担当に話聞いたら、アクサ生命の保険「アップサイドプラス」のデメリットや説明不足があることが分かり、より詳しく理解できた。
何でも相見積もりというか、2つの視点で話聞くのは重要ですね!

▼アクサ生命「アップサイドプラス」の特徴
ファイナンシャルプランナー(営業)の発言の抜粋なので、良いところしか書いていない可能性はあります。
まずはパンフレットを隅々読まないとなぁ。

・資産運用目的だけど形上は終身保険
1000万預けると、死亡時に1000万貰える
独身なので終身保険には全く興味ありませんが
・保険商品なので運用利益の税金が株より圧倒的にお得
運用で200万の利益が出た場合、株より約36万多く手元に残ります。
株で200万の利益=利益200万ー税金20%=手取り160万(税金40万)
保険で200万の利益=(利益200万ー特別控除一律50万)÷2に対して所得税5%(年収750万以下の場合)=手取り196.25万(税金3.75万)
・元金保証あり
1000万預けて運用で資金が減っても、20年後には100%元金を保証している
(20年後に必ず1000万が戻ってくる、会社潰れたらどうなんでしょう?)
・初期手数料が8.5%と超絶高いが、それ以外はかからない
1000万預けると、8.5%が保険会社の利益として85万円取られる。
預けた瞬間、私の資産が915万となります。これが最大のデメリット。
初期費用が0円の投資信託などもありますが、その場合は投資信託への毎年運用手数料として1~3%とかかかるみたいで、初期費用のみで8.5%は長い目で見ればそこまでボッタクリではないらしい。
・低リスク低リターンの運用をしている
米国債権を80%、米国株式20%で運用していて、米国や米国経済が超絶死亡しなければ心配はなし。
保険を購入した直後リーマンショック級の大事件があっても、過去シミュレーションではプラスにしているみたいです。
ここ10年近い動向だと、アメリカがやや微減して中国が大きく伸びているが、米国経済が超絶死亡することは基本的には考えられない(未来に100%はないですが)。
年利1~2%ある米国債権がそんなに信用できるなら、保険会社を通さず自分で直接買えばよいのでは?と質問したら、ファイナンシャルプランナーが少し黙ってしまいましたが^^;

・過去のシミュレーション上では元金割れはなし
(2015年時点から20年遡った年を起点とし、それまでの6年間のシミュレーション)
預けた金額の目標率105%~200%があるが、全てのケースで100%目標を達成している。(営業資料でありもちろん悪いデータは載せられないので、100%信じてよいかは分かりませんが)

画像1

目標値を120%とした場合(1000万預けたら1200万が目標値)
最短年数:1.2年
平均年数:3.9年
最長年数:6.8年
※最悪最長年数を超えて下回った場合でも、20年後の元金保証があり1000万は返ってくる
・途中解約できる
1000万預けて目標値を120%とした場合、1200万になったら終了ですが、1200万に到達する前に急にお金が必要になった場合、その時の資産で受け取ることはできるみたいです。
(目標値120%に未達の1100万の時に解約したい場合は、基本的にはその値段で途中解約できるが、解約依頼してから売りに出すらしく、ちょっと下がる可能性もあるとか。このあたりは、まだ理解できていない)

正直、初期手数料の8.5%(1000万預けたら85万)の内、ファイナンシャルプランナーには仲介手数料が入るはずなので、初期手数料が高い保険を紹介したいだけなんじゃ?とメチャクチャ思うのですが、シミュレーション上では結果は期待できますね^^;

ネットの口コミを調べると、メチャクチャ評判が悪いですね(笑)

▼評判が不評なところ
・為替レートの変動の影響をモロに受ける
・元金保証だが、あくまで20年後だし
・目標額到達前に途中解約すると解約手数料がかかるとか…
・初期手数料8.5%は高すぎる
(初期費用0円、資産運用委託費年間0.5%の投資信託に預けたほうがお得)
・銀行などが紹介手数料を稼ぎたいだけ
・說明不足で販売されていることが多い
・過去20年のシミュレーションでは運用成功率100%だが、この保険売り始めたのは2015年からで、2018年頃からの運用結果がやや微妙とか

・ローリスク・ローリターンではなく、ミドルリスク・ミドルリターン
・保険の仕組みが複雑すぎる、これを理解できる賢い人はこの保険を買う必要が一切なしと断言するブログやyoutube動画が結構ある
・2018年のこの保険の売上を見ると前年同期比254億減少
(売上不振で保険内容が見直されてよくなった可能性はあるのか?)
・他の手数料はかからないと営業トークされているが、実際はかかる?
(数年前に解説した動画だから、もしかしたら今はかわっているのかも。そんな説明はなかったし…)

ネットの口コミも投資信託を薦めたいアフィリエイトが多いので、なるべく中立そうだったり、プロがyoutubeで解説てきな動画をなるべく見るようにしたのですけどねぇ…大分後ろ向きになってきたぞ。

もし、他によい保険などあったら、聞いてみたいです。
とはいえ、自分で資産運用したらリスクはもっとあるだろうし、どんなに良いものでも運が悪く資産が減ることもありますからねぇ。
神のみぞ知る世界だからなぁ。
まだ契約していないので、2週間くらい身内に相談やいろいろ情報収集したいと思います。

もしこの保険を買うなら、目標設定は120%かなぁ。
目標120%の平均達成年数は3.9年らしいですが、5年後に預けた1000万が1200万になり、40歳時点で利益200万ー税金3.75万=手取り196.25万プラスされると過程します。

1000万は怖すぎますね、、Max500万で残り500万は別の資産運用のほうが安全な気がしてきました。
相見積もりも兼ねて、他の保険会社(ファイナンシャルプランナー)に相談したら、どういう提案されるかの相見積もり取ったほうが安全そうですね。

ここまでの仮止め

①サラリーマン収入貯金+②資産運用利益(5年後想定)

・サラリーマン収入貯金+150万(かなり手堅い予想)
・資産運用利益+196.5万(元金割れもあるので甘い予想)
・現資産が約1700万(ビットコインが96万→30万に下がった想定)
===============
40歳時点で資産:2046万予定

となり、金融庁の老後2000万を達成を目指します。

サラリーマン収入貯金だけだと、1850万予定で2000万に届かないので、資産運用が必要になってくるのですが、1000万を資産運用するとか、正直怖くてできるか分からないですね。

サラリーマン収入は会社の成長に依存しますし、資産運用なんて保険会社任せ(必要なのは勇気と運)とほぼ他力本願で全く面白くないので、守りはこれくらいで、自分の力で勝ち取る攻めにも挑戦します。

収入源③週末起業(個人アプリ開発)

これはほぼ趣味なのですが、自力で挑戦して稼ぐのが一番エキサイティングなので、引き続き自力で稼ぐのに挑戦していきます。
ゲーム企画職の仕事をしていますが、趣味でゲーム作りしないと、仕事が嫌いになってしまうかもしれないので、ガス抜きの役割もあります(笑)

プログラミングは勉強段階ですが、個人アプリでは「英単語パズルNekotan」をリリースしました。

このアプリの広告収益は、2019年4月にリリースしたのですが、これまで月1000円くらいの売上で収益的にはかなり厳しいところです。
(1ユーザあたりの売上は14.7円で、インストール数が少ないのが原因)

詳しくは書けませんが、版権を管理している会社から「版権を使ったアプリを出さないか」てきな営業があり、版権をお借りできれば、集客面では今よりは断然期待はできます。

次は版権の力をお借りしたアプリを開発してリリースすることにより、売上100万くらいを目指して、今年度中には開発してリリースしたいです。

今の実績から見ると売上100万は高めな目標ですが(企業開発アプリだったら大損ではあるが、個人の趣味開発のため人件費が激安計算となる)、もし売上100万が達成できれば、今後アプリ開発の手を広げて、多少稼げる目処がつきますねぇ。

あまり力を入れすぎても、サラリーマン業に影響が出てしまいますが、チャレンジして自力で稼ぐのを目指すのはワクワクしますし、企画職を失職した時の保険のスキルになるかもしれないので、お金のことを考えるのはこれくらいにして、個人アプリ開発に再度集中したいと思います!

ただ、お金がスキすぎるあまり、貯めることばかり考えてしまうので、お金の使い道をもっと考えたいところ。
旅行とか自己投資とか習い事とか、全然渋ることはないので、そこは頑張って使っていきたいです。

正直、お金のことより、恋愛・結婚や自己実現など、もっと他に心配しないといけないことがありますね^^;

何かチャレンジするためにお金を貯めているはずなのに、モラトリアム期間が続き年齢だけ重ねてしまう笑 

よかったらスキしていただけると嬉しいです(^^)

▼続きの実際に資産運用シミュレーションしたnote


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後も、ゲームの仕事や個人アプリ開発、WeeklyOchiaiの感想を書いていく予定です。もしよければフォローして頂けると嬉しいです♪サポートも大歓迎です(о´∀`о)

嬉しいです!ゲームやお金に関するnoteを書く予定です♪
21

山崎一番 @ゲーム企画職

ゲーム業界11年のゲームプランナー(ゲームサイクル&マネタイズ担当)。 個人開発では「楽しい+学び」をテーマに開発中。第一弾英単語パズルNekotanを4月15日リリース!アプリ紹介→https://gamy.jp/game_reviews/nekotan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。