Spotifyの「再生」に宿る音楽へのこだわり

突然ですが、私はSpotifyが大好きです。
なぜかというと、どう考えても「このアプリを作っているのは本当に音楽が好きな人達だな」と感じられるから。私も一応の音楽好きですが、細かーいところで痒いところに手が届く!感覚をバシバシと感じ取れたので、そのギミックを言語化できればと思います。
今回は「再生」に関して2点書きたいと思います。

曲の「継ぎ目」の音質にこだわっている

普通、音楽再生サービスで「音質」といったらビットレートを指すんじゃないかと思います。
でも、Spotifyが「わかってる!」と思うのは、曲の再生停止・スキップ/戻し(これはPC版のみかも)で微妙にフェードイン・フェードアウト処理がかかる。
つまり、徹底的に「継ぎ目」の音質を追求しています。
このような処理が施されないソフトで音楽を聴くと、曲を止めたり送ったりするときに「ブチッ!」という感じで、いきなり切れる(感覚になる)んですよね。で、私はこれがどうにも嫌いです。切れるのが嫌いで、「曲を変えたいな」と思っても、流れを重視して最後まで聴ききることが多いです。
でも、Spotifyではここの細やかな配慮が利いている、と思うわけです。

イコライザーがグラフィカルに自由自在

もうひとつ「音質」のところで気に入っているのが、イコライザー機能。
普通にプリセットから選べるイコライザだけでなく、グラフィック・イコライザーが搭載されているのが大きな特長です。つまり、帯域毎にボリュームを自由に増減できる。
意識して比較したわけではないですが、再生サービスにビルトインされているイコライザで、ここまで自由にいじくれるのは珍しいんじゃないでしょうか。iPhone標準のミュージックアプリでは、プリセットからしか選べないので。
私はこの機能を非常に便利に使っています。というのも、低音を好きなだけ絞れるからです。自宅で低音がやたらと強調されるBOSEのスピーカーを使っていまして、「近所迷惑になるのでは…」というときには、このイコライザーでグッと低音を絞ります。

他にも好きなところがあるので、またシェアさせていただければ・・・と思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

コメント3件

画像をご利用頂き、ありがとうございます! 僕はグラ・イコ大好き人間なのですが、さらに驚いたのはフェードイン・アウトの方でした。リスナー目線の、凄い配慮ですね。
はじめまして。日本では「原音再生」というコトバのためにグラ・イコの地位が低いです。しかし「音」を「楽」しむために音質を変更することは正しいことです。積極的に活用したいです。
コメント有難うございます!
milkdustaさん>画像をご提供いただきまして有難うございました!Spotifyの中の人達は、自分らが本当に欲しいアプリを作っている感があって好きです:)
atsushitakahashiさん>そもそも原音でヒアリングできる設備・環境で聴けている人も少ないわけなので、まさに、様々な状況下で音を楽しむためにはイコライザは積極活用したいですね〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。