【弦倉記】ビーズ編みの小さなバッグ "イトノパース" 弦倉

ビーズを編み込んだ編み模様と、それを使ったビーズ編みの小さなバッグ『イトノパース』の制作と提案をやってます。ビーズ編みに興味のある方のフォローをお待ちしています。埼玉県在住。 [ https://www.itonopurse-itogura.com/ ]

ムクロジで洗濯、それと、ムクロジビーズづくり

自宅の庭で採れたムクロジ (昨年産)

ムクロジの学名 Sapindus mukorossi の Sapindus は『インドの石鹸』(Sap Indus) という意味だそうで、インドでは今でも洗剤として活用されているそう。後ろの mukorossi はそのまま ムクロジ ですね。

漢字では「子が患わない」という意味になる『無患子』と当て字され、子どもの健康を願う、まじないの護符としても使われる

もっとみる

図案譜 02 - イトノリング 30粒のボリュームリング

かぎ針編みの指輪の編み方です。
基本技術は省いていますので、かぎ針編み経験者向けです。

*

丸みを帯びたボリュームある指輪です。フロント (前中心) にビーズを密集させ、エタニティリングのような見た目にしてみました。入れるビーズによっては、まるで金属の指輪をつけているように見えます。

材料と道具の準備

(材料)
糸 : レース糸 40番
ビーズ : 丸小ビーズ 30粒

(道具)
かぎ針

もっとみる

図案譜 01 - イトノリング 10粒のメビウスリング

ビーズを編み込む かぎ針編みの指輪の編み方です。
基本技術は省いていますので、かぎ針編み経験者向けです。

*

ビーズ編みにまだ出会っていない2017年秋に作成したメビウスリングに10粒のビーズを入れて、再度デザインしなおした指輪です。
メビウスの輪のように表裏面を無限に行き来するリング状の帯を編み、フロント (捻れる部分) にビーズを入れます。

材料と道具の準備

(材料)
糸 : レース糸

もっとみる

技術に関する幾つかの書付 - 手作りバッグのハンドルの付け位置

画像 a の幅を定め、ハンドルをつける位置を決めます。

手で握って持つ前提で製作する場合 → 握りこぶしの幅
腕に掛けて持つ前提で製作する場合 → 腕の厚み幅
肩に掛けて持つ前提で製作する場合 → 肩の厚み幅

腕や肩の場合は洋服の厚みも関係してきて、コートを着て肩から下げるなら厚く、夏物なら薄くなります。

ただし、硬い素材や厚い芯が入ってない布バッグの場合、中に入れる物がバッグを押し広げるの

もっとみる

イトノパースグラフ - 楕円底の『2粒の斜線』

底を楕円にした「2粒の斜線」
「2粒の斜線」は、編み模様制作初期の頃に作ったもので、円底での編み図がすでに出来上がっていたために、楕円底でもすぐ出来るだろうと高を括っていたのですが、ずいぶんと時間がかかってしまいました。

かぎ針編みの楕円は、鎖編みを必要分編み、これを作り目として、両端に半円を作りながら大きくしていきます。この両端の半円部分に入れる増し目は、円編みのように一方向に入れるか、左右対

もっとみる

イトノパースグラフ - 楕円底のイトノパース

鎖編みから編み出す楕円を底にしたイトノパースをレパートリーに加えました。

レザーのがま口をモデルに制作。

楕円底で形作ることで、フラットな形状のケースになります。

極めて簡素な、飾りっけなしの形状。

編み模様と入れるビーズの種類で、印象を変えます。

底部分。

円底と比べた場合、楕円底のメリットは、
1, 編み上がりが早い
2, 材料の分量が少ない

デメリットは、
1, 捻れが目立つ

もっとみる