図案譜 01 - イトノリング 10粒のメビウスリング


ビーズを編み込む かぎ針編みの指輪の編み方です。
基本技術は省いていますので、かぎ針編み経験者向けです。

*

ビーズ編みにまだ出会っていない2017年秋に作成したメビウスリングに10粒のビーズを入れて、再度デザインしなおした指輪です。
メビウスの輪のように表裏面を無限に行き来するリング状の帯を編み、フロント (捻れる部分) にビーズを入れます。

材料と道具の準備

(材料)
糸 : レース糸 40番
ビーズ : 丸小ビーズ 10粒

(道具)
かぎ針 : 8号 (本体を編む針)、6号 (作り目の鎖編みを編む針)
ビーズ通し針
はさみ
とじ針 (40番レース糸に合うもの)
ほつれ止め ピケ (木工用ボンドでも代用できます。)

使用糸はオリムパス金票40番糸。日本の手芸用品店には ほぼ置いてある (であろう) 入手のしやすさが最大の利点。色が豊富なのもいいですね。毛羽立ちが抑えられて、光沢が美しい糸です。1-2g分くらいしか使いません。

ビーズは、TOHOビーズの丸小ビーズ。丸くてミルグレイン (ミル打ち) のような印象になります。サイズ的にも丸小ビーズが理想です。丸小サイズのビーズは、100円ショップでも販売しています。

「ほつれ止めピケ」は、最後の糸の始末に使いますが、念入りに糸をくぐらせれば、使わなくても始末できます。
手芸用品店で販売していますが、小さい店舗だと扱っていないかもしれません。(100円ショップに類似品がありました。)
木工用ボンドでも代用できます。

ビーズ通し針は、今のところ、これがおすすめ。→ ビーズ通し KAWAGUCHI


この続きをみるには

この続き:2,535文字/画像15枚

図案譜 01 - イトノリング 10粒のメビウスリング

【弦倉記】ビーズ編みの小さなバッグ "イトノパース" 弦倉

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2017年晩秋に出会ったビーズ編みに日々精進しています。

見つけてくれて、ありがとう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。