イトノパースグラフ - ビーズ編みの鈴『動植物から連想する連続文様』

『動植物から連想する連続文様 - 玉編みと2粒の連続模様』を使った鈴です。玉編みが多用されているので、糸の厚みに遮断されて鈴の音が小さくなるかと思いきや、意外と鳴ります。

使用糸は40番。イトノパース使用糸より細く、編み慣れるまで目がチカチカします。ビーズも丸小がメイン。

球形の下部は玉編み、上部は引き締めるための細編みが配置されているので、形がやや樽型に。

ビーズで飾られた小さな鈴は、リンと鳴って、"ある" ことを知らせます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2017年晩秋に出会ったビーズ編みに日々精進しています。

ありがとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。