うまい写真を撮る人は写真がうまい人じゃない。

ダンサーや役者の写真を撮る。
被写体に興味を持ってもらえたらうれしい。

気に入った街の風景を撮る。
街に興味を持ってもらえたらうれしい。

人や街のさまざまな表情や景色
その魅力を伝えたい、感じてほしい。

そのためには「うまい」写真であってはならない。

観客は写真世界に入る前で、足止めされてしまう。
撮影技術にに感動してほしいわけじゃない
「こんなの誰でも撮れそう」くらいがいい。

そうやって初めて観客は

「ここどこ?こんなところに行ってみたい」
「この人なんだかイイカンジ。会ってみたい」
観客を写真世界に誘い込むことに成功する。

技術は写真を底で支えていて
技術そのものは見えない見せない。
技術はそこに費やす。


写真であなたの技術を見せたい?
そういう競技会もある。
コンテストの大半はそんな趣旨だ。

けれど写真作品を作るなら
写真で何か伝えたいなら
写真をコミュニケーションツールと考えるなら

ひとりよがりは一方的に
大声で喋り続ける人のようなもの
どんなに内容が良くても
通行人は聞く耳を持てない


ほんとうに写真がうまい人は
うまそうに見える写真を撮る人じゃない。


俳優、ダンサー、ミュージシャン
一流と呼ばれるベテラン表現者たちは
とても謙虚で好奇心が強い普通の人。
けれど実はそう見えるだけ。

勢いのある若手はつい大きく見せようとするけど
そうする彼らの技術はそこ止まり

ほんとうにすごい人ほど
ちっともすごく見えない

見せる必要が無いのだ
技術は他のところに使われている。

さて、
あなたが写真で見せたいのはなんだろう。
あなたは写真でなにを伝えたいのだろう。

すごいね。うまいね。がんばってるね。

そこで満足すると、そこで止まってしまう。
気持ちいいから、次もまた次も繰り返してしまう。


表現を志す人はその先に向かおうじゃないか。


自分のフィルターで色を付けて
それが自分らしさだ自分の表現だと言う前に
自らの視覚聴覚触覚、五感を肌を使って
そこで感じたまま
そこで見た感じのままを再現する。

よけいな調整用のソースをかけない
食材そのままの味を再現する
そのとき
あなたの体験を観客は追体験して
撮影者のあなたの気分を共有する

巧く作った料理より
おいしい料理が食べたい
上手く作った写真より
イイカンジを味わいたい


031/560

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます🐈
9

伊東 和則

五六〇劇場

ツイッターは140文字。文章は起承転結、音楽はA-A'-B-A'。そこから生まれた560字。 ゴーロクマル劇場。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。