不意打ちの極上映画を観た。


「雷に打たれたような」という表現があります。

映画館を出て
カバンに入れた折りたたみ傘をさそうと
歩きながら開くことを忘れ
傘を握りしめたまま
もう片方の手で濡れた路面を激写していました。

自分が阿呆かと思った。

すぐ感化されて、なにか為した気になりやがって。


わからない、わからないけど
映画を観終わってずっと頭の中に「Beat」という単語が舞っていた。


「打ちのめされた」なんて日本語じゃ伝わらない。


気を抜いて観に行った。

「まあこんなもんだろ」椅子にふんぞり返ってた。

それが。


終わったあとパンフを買いに走った。
こんなの1年に1度あるかどうかのこと。




「だまされたと思って観てみて」
なあんて甘ったるいこと言わない。

「おいコラ、オマエラこれ絶対観やがれ!」

口を荒らしたくなる。



すべて映画の力だ。
想定外というのはこの映画のためにある言葉だろう。



断っておくが、僕は映画はほとんど詳しくない。
いやむしろかなり疎いレベルらしい。
名前を聞いてそれが男優か女優かわからないくらい。

それは日本の芸能人も同じ。

「うーあ」と「ぼあ」の区別が付かない。
そもそも「なにじん」なのか。
「aiko」は何人組なのか。

すべて実際にあった出来事で脚色していない。

そのかわりと言ってはアレだが
舞台は30年間付き合っているので
○○ = あー劇団△△の人ね
みたいな変換を瞬時に行う。



劇団「健康」「夢の遊眠社」「第三舞台」
文芸坐ル・ピリエ、シアターアプル、新宿シアター・トップス
銀座セゾン劇場、グローブ座、アートスフィア...

「なつかしい」なんて莫迦言っちゃいけない。
自分の中では今も生き続けている。
もう30年以上も。


最近、舞台俳優が映画に出て来て

「Wow! 知ってる人が増えたなあ!」

こーっそり思ってたりする。
あの人、実は舞台役者さんなんだよ。
とてもとーってもすごい演技する人!

それを語るとオヤジ語りになるのでしない。


信号変わって青になり
横断途中に濡れた路面がいきなり気になって
自転車も右折車も構わず車道に飛び出し
サックスの即興演奏のように
路面の光を撮りまくる

クラクションかサックスかわからず
酔っぱらいに見えたか全ての人が自分を避け
交差点の中ひとりダンスを踊るように
撮りまくり撮りまくり



こんなオレにしたのは、どこの映画だ!


言わんばかりにイワンの莫迦ァン。


『素敵なダイナマイトスキャンダル』


次のエントリで感想書く予定。






書いた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます🍶
9

1*10

生きる-暮らす-感じる

なにげない日常に、ふと感じる瞬間。表現とは...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。