形を変えた言いわけ。

尊敬するデザイナーさんが3人いる。なかでも印象的なのがHさん。一緒に仕事してかなり無理難題言われた。しかしその内容は至極もっともなものだった。印象的な出来事がある。

彼は事前に描いたラフスケッチでクライアントからOKをもらっていた。当然、撮影はラフに沿って進められる。ところが現場に着くと予定外の撮影を次々オーダー。

「机の上で考えたスケッチなんかより、現場で思いつくもののほうがよっぽどいい」彼の姿勢は徹底していた。河川敷のロケでいきなり「川、はいれる?」モデルさん全員を川の中に立たせるのかと驚いたらそうじゃなく、「川の中から撮れない?」とご指名。

存分に振りまわされたけど、それ以上にお釣りが来る体験をした。現像所から上がったフィルムを見て「ほら絶対こっちのほうがいいよ!」写真を元にラフを描き直すとクライアントに直談判。新しい案を通して帰ってきた。

締切前に姿が消えるのも有名な話で、どんどんエスカレートして、ついに国外逃亡に至った。「どうしても見たい映画の封切りに合わせてハワイに行ってきた」と言う彼は真っ黒に日焼けしていた。

それまで私は「がんばって仕上げて終わったらご褒美に...」という考え方だったが、それじゃだめらしい。楽しいものを作るには楽しい気分で仕事しないと良いものができない。全くだ。なので申しわけない。今から温泉に行ってきます。


008/560

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます🌸
14

伊東 和則

五六〇劇場

ツイッターは140文字。文章は起承転結、音楽はA-A'-B-A'。そこから生まれた560字。 ゴーロクマル劇場。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。