TaVisionってなに?日本のライブコマースの勝ち方



最近いとまりが記者会見だのNYだの、仕事しなきゃーーーってずっと言ってるけど、


TaVisionってなんぞや?

という疑問をお持ちの方もたくさんいると思います。


し、それを1ツイート140文字で説明しきることなんてとうてい無理!

なのでTaVisionとはなんぞや?というのを、ここで思う存分に語ろうと思います!

(リニューアルしたばかりのTaVisionサイトはこちら)

(Instagramは@tavision.tv)


前半は「TaVisionとは?」、後半は「日本でのライブコマースの勝ち方」でお送りします。

後半は興味があれば読んでください。



リアルタイムに旅を共有して、一緒に旅を楽しむ!


リアルタイムに旅を共有するってどういうこと?


SNSが発達した今、旅の情報を発信するにも方法はいろいろあります。
Twitter?Instagram?YouTube?選択肢は無限にある。

TaVisionが特化しているのは、Instagramのストーリーズ×生配信。

そこで、旅のリアルな情報をリアルタイムに発信しています!


その目的は大きくわけて2つ、
①海外旅行に対する不安に寄り添うこと、
②私たちと一緒に旅に行って楽しんでる感覚を味わってもらうこと。


①海外旅行に対する不安に寄り添い、旅のきっかけをつくる


海外旅行に行くって、ハードル高くないですか?

旅慣れてる人はともかく、私やゆうこす世代の女の子は特に、海外旅行に対する不安が大きいと思います。


出国手続きはどういう順で何をすればいいのかわからない、

入国するときに書かされるカード、あれなに?

チップってどうすればいいの?

治安悪いって言うけど、実際どんな感じなんだろう、、

ガイドブックの写真は綺麗だけど、実際どうなの?
書かれてる情報だけじゃ、行き方とかチケットの買い方とかよく分からない!


そんな感じで、行くまでが大変。

実際、日本のパスポート所有率は25%くらいで、世界の中でもめちゃめちゃ低い水準にあるんです。


TaVisionは、そんな女の子の旅に対する不安に寄り添います!


海外旅行に行き、現地からリアルタイムでストーリーズをこまめにアップ&生配信をして、
ガイドブックやネット検索の写真&文章だけじゃ分からない現地のリアルを、リアルタイムで発信しています。

同時に、サイトのMagazineというコーナーでは、
パスポートの取り方や機内持ち込み手荷物についてなど、旅初心者さん向けの記事を充実させています。


海外に行って知らない世界を見るって、本当に素敵なことだと私は思っていて、
その素晴らしさを1人でも多くの人と共有したい。

TaVisionが、1人でも多くの旅のきっかけになればいいなと思っています!


②一緒に行けなくても、一緒に旅のワクワクと思い出と感動を共有したい


ただ不安に寄り添うだけじゃなくて、旅のワクワクをファンと共有できるのも、

リアルタイムに情報を発信しているから!


自由の女神見て、ランチ食べて、ショッピングして、ブロードウェイみて、、っていうのをリアルタイムでどんどんストーリーズにあげたり、

マーケットを歩きながら、ランチを食べながら、生配信したり。

それを見てると、一緒にそのスポットたちを周っているような気分になれます。


そして、TaVisionでは、情報発信に限らず、
現地で買い付けたアイテムを現地からライブコマースで販売もします!


ゆうこすやゲストのインフルエンサーが、何を買ってきてほしい?の声にその場で応え、それを買い付けて販売します。

一緒に買い物を楽しんでるような気分になって、しかも購入すればそのアイテムが手元に届く、
それって本当に一緒に旅先でショッピングしてるみたいですよね。

そして販売はもちろん、梱包・発送も全て自分たちで手作業でやってます!

購入してくれた方に一緒に送るメッセージカードを作り、それを作る過程もストーリーズで見せたり。


そうやって、TaVisionのライブコマースは、ただ商品だけを買ってもらうのではなく、

商品を買うことで、旅の思い出やワクワク、感動もついてくるんです。

そうやって旅の楽しさを共有してる。


だからこそ、TaVisionのライブコマースはいつでも5分以内に即完します!


販売数が限られているので、中には買いたかったのに買えない人もたくさんいます。

だけど、完売したときは、私たち売る側は感動して嬉しいのはもちろん、

生配信を見てるみんな、買えた人も買えなかった人も、「完売おめでとう!」のコメントの嵐になります。

「買えなかった!在庫少すぎ!」って怒る人は1人もいません。


それは、ファンがただのお客さんじゃなくて、

旅を一緒に楽しみ、商品を選んで手元に届けるまでのストーリーを共有している、仲間だからです。


そして、TaVisionオリジナルブランドも立ち上げ、グッズ製作中です!

これも、ファンのみんなと一緒に作ります。

生配信で、「何作る?」から「どんな機能がほしい?」「カラー展開は?」など、ファンの声を聞いて、
製作過程もストーリーズやサイトの記事で見せていきます。


いまは、旅行にあると便利なミニバッグ&パスポートケースを製作中です!

私は小さいスーツケースしか持ってなくていつも困るので、早くTaVisionで大きいスーツケース作りたい。



そんな感じで、TaVisionは、

とにかく若い女の子たちと一緒に旅を楽しみたい!
若い女の子たちに旅を楽しんでほしい!

そんなサービスです!


だから、まずは自分たちが本当に女子旅を楽しむところから。

旅の企画、販売、運営、最初から最後まで、20代前半の女子4人だけでやってます。

私が最年少の20歳!



まだまだサイトリニューアルから3日しか経ってません。

これから4人で、1人でも多くの人に、素敵な旅をお届けします!



日本でのライブコマースの勝ち方


SHOWROOMで自分の写真集を40冊売り、
TaVisionで買い付けたアイテムをライブコマースで販売して
見えてきたこと。


「これからは動画の時代だ」
「ライブ配信が絶対熱くなる!」

「日本にもライブコマースの波がくる!」

そんなことが言われ始めて少し経ちますが、


「ほんとか???」と言いたい。


「日本にもライブコマースの波がくるって、ほんと???」に対する答えを先に言うと、

基本的にNO、条件付きでYES。


ただ、YESの条件に気づいてる人がどれくらいいるんだろう?と考えると、たぶんすごく少ない。


なのでその条件、つまり「日本でのライブコマースの勝ち方」を私なりに考えてお話します。

あくまで私がやってみて考えたこと、想像です。
だから詳しい方の意見も聞きたいです。ぜひコメントください。



まずそもそも、中国ではなんでライブコマースが成功したのか?


成功の理由として考えられるのは、

・お店やネットで売っている商品への信頼がない↔自分が信頼してる人から買いたい

・国土が広いから、お店に行くのが遠い人もいる

・キャッシュレス革命

といったところ。


じゃあ逆に、その点日本はどうか?

・商品への信頼が厚い

・歩けば店に当たるし、Amazonで買った方が安いし早いし確実

・現金払いが優勢、若い人は特にカードを持ってない


これを踏まえると、ただ中国の真似をしても、日本のライブコマースはまったく上手くいかないことになります。


じゃあ日本ではどうやって勝つか?


ただ商品を買うならAmazonでいい。

ライブコマースで買う意味は、商品+αの価値にある。

じゃあ+αの価値ってなにか?


それが、「ストーリー」です。


例えば、あるかわいいトートバッグがあったとします。

そのトートバッグを、そのバッグともかわいいとも全く縁遠いおじさんがライブコマースで売っても、誰も買いません。

ネットで同じものを探して買った方が安いし早く確実に届く。


一方、そのかわいいトートバッグが、ゆうこすがNYで買い物してて、ファンの声を聞きながら選んだものだったとします。

それをその日の夜ホテルからライブコマースで売れば、一瞬で売り切れます。


なぜか?

・現地でしか買えないから。
・大好きなゆうこすがNYで買って、旅行中に使ってて、おそろいできるから。
・選んだポイントを本人から聞けるから。
・ライブ配信でバッグを売るだけじゃなくて、NYの思い出をたくさん話してくれるから。
・買うと、自分で選んでるだけあってめちゃめちゃ喜んでくれるし、その場で「ありがとう」が返ってくるから
・手元に届くまでの過程もストーリーズとかで見れて、待つのが苦でなくわくわくするから


「ストーリー」が豊かすぎる!!


同じトートバッグでも、そのバッグがどんな「ストーリー」を持っているかで、売れるか売れないかは全く変わってきます。

ただ人に頼まれてとか、案件で、どこでも買える服やコスメを売るようなライブコマースは、日本では勝てない。


その商品がどんな「ストーリー」を持っているか?

これが、日本でのライブコマースの勝ち方の鍵だと思います。


「ストーリー」があるものを売るとなると、もうひとつ必要な条件があります。


それは、「少ない、限られた人に売る」ということ。

たくさんの人にたくさん売ろうとしてはいけません。


TaVisionの商品は、TaVisionのストーリーに価値を感じる、TaVisionファンやゆうこすファンが買う。

私の初めての写真集は、私を応援してきた人たちが、ついに写真集出すまでになったか〜と思って、買う。


こんなふうに、「その商品が持つストーリーを一緒に楽しめる人」だけに向けて、

そのぶんストーリーを豊かにして、思いを込めて売れば、絶対に売れる。


だから、ターゲットの絞り込みと、
そのストーリーをより一緒に楽しんでもらえるような工夫が必要です。


例えばTaVisionオリジナルブランドみたいに、ファンになにを作るか、なんの色が欲しいか聞いて、ファンと一緒に作るとか。

過程を見せる、参加してもらう、そういう工夫で「じぶんごと」にすることで、
買い手にとって、商品が持つストーリーの意味がより大きくなる。


その商品が持つストーリーに共感できる人だけに向けて、ストーリーの豊かな商品を売る。


これが、日本でのライブコマースの勝ち方かな、と肌で感じています。



私の夢は、「ライブ配信で世界をもっと面白く」することです。

そのためにまずはTaVisionから、そしてより深く、ライブコマースと向き合っていけたらと思います!


めちゃめちゃ長い文章をここまで読んでくださった方に、ありがとう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

コメント1件

いとまりさんが何の仕事をしてるかの謎が解けました。この記事にInstagramのリンク貼り付けとくと興味を持った人が見に行けるかもね。(^_^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。