ザクセスを立ち上げて良かったこと

12/8にタミちゃん(シャララ・栗原)と裏方のスタッフさんと3人で制作チーム「ザクセス」を立ち上げて18日経ったのですが、たった18日だけで色々と目まぐるしく変わりました。全て、良かったことです。

まず1つ目は、面白いぐらいに仕事のオファーが来ます。前回のnoteに書いたように、僕達自身は何もやる事を変える事なくただチームを作っただけなのですが、今まで個人でやっていた時には「こういう仕事があるんですがどうでしょう?」というDMなんか当然来なかったのですが、立ち上げ翌日ぐらいにはもうそんなDMが来て、しかもかなり面白そうな内容だったので即オッケーしてすでにもう終わらせた仕事もあります。

このスピード感もザクセス3人のLINEグループがあるから出せるものなんですね。DM来てすぐスクショ撮ってグループに投げると、2人が「良いですね!」などと反応してくれる訳です。となると、この2人に進捗状況をリアルタイムで見せたいから即返信して、返ってきたDMをまたグループに投げて…というのを繰り返している内に、あれよあれよと日程が決まるんです。これが、1人だったら変に考える時間とかが増えてしまうんですね。これがチームの良さだなあと発見出来ました。


そして、「仕事が増える」という事は「今後、その分ブログに書けるものが増える」という事です。自分自身に興味を持ってもらうためにはTwitterやブログが効果的、という事は芸人のほとんどが理解はしている訳です。それでも、ブログをやっている芸人は少なく、やってたとしても僕とか僕の周りの芸人を見てもらえれば分かるんですが、圧倒的に更新頻度が低いですよね。僕はすぐDMM見放題ライトを見ながら麻雀アプリの天鳳をやってしまう。しかも半額セールという事で見放題ライト(2000本見放題)から見放題プレミアム(257293本見放題)に移行してしまった。1日3回シコらないと損した気持ちになって無駄シコりをしてしまっているんです。

でも今は「爆乳素人限定!おっぱいでコイン(現金)つかみ取りゲーム」を見ずにこれを書いている。何故か。「書くことがあるから」です。みんな、書くことさえあればブログなんて書くんです。多くの若手芸人は書くことが無いから暇なのにブログを書けない。めちゃくちゃ忙しい人は、書くことがあるから忙しいのにブログを書ける。という事は差は開いていく一方な訳です。

忙しい人のブログをよく見てほしいんですけど、基本的に毎日更新してる人は「仕事内容」についてのブログなんです。テレビタレントなら「◯◯で収録してきました!」であり、トレーダーなら「今日は+24835円でした」とかなんです。日常で感じた違和感などを面白おかしくブログに書いてるタイプの人で毎日更新してる人って多分いないんです。何故ならそんな事はあんまり無いから。風俗嬢の日記の更新頻度も、出勤日数に比例してるんです。何故なら、日記の内容はプレイ内容と来てくれたお客さんへのコメントだから。

という事は、ブログに書ける事を逆算して行動していった方が確実に良い訳です。喫茶店でネタ作っててもその事をブログに書けないし、単独ライブやった後にそれについてブログを書くより、ザクセスを立ち上げてそれについてブログを書いた方が興味を持たれやすい訳です(これはもちろん、ネタや単独ライブを人生の軸にしていこうという人は全く別の話ですよ。街裏ぴんくさんみたいなとてつもない才能を持った人は、細かい事は考えずとにかく独演会に力を入れた方がもちろん良いんです。何故なら、そこまでの人ならネタ以外の部分の事を周りがなんとかしてくれるから)。

めちゃくちゃ面白いのでガクヅケ・木田のブログを読んでほしいんですが、世間の「ブログが面白い」って言われてる人のブログって、詰まる所「人生が面白い」んですよ。木田は、可愛い男の子に片思いしたり母親が「スージーコイン」という意味の分からない仮想通貨を騙されて買わされたりしてるんです。「面白い人ならどんな事でも面白く出来るんじゃないの?」と思った方は木田のnoteを見て下さい。木田の力をもってしても、ダイエットメニューを面白くするのは無理なんです。

「仕事を作り出してそれをブログに吐き出す」という流れは「元本を作って全て株にして利回りで生活する」という感覚に近いです。例えば利回り4%の株って普通にあるんですが、1億持ってて全てを利回り4%の株にすれば元本が減らずに年400万(税引き後約320万)が入るじゃないですか。それで生活すれば一生いけるけど、元本を減らして年400万使うと25年で無くなってしまう。

だから、仕事を作り出さずに毎日ブログ更新してる人って、人生の元本を減らしているのと一緒なので疲弊していくんですね。それが無いように仕事を作っていかなければいけない。それは面白い人生を歩むという事と同義である。それがザクセスがあると出来そうだぞ、というのが2つ目。


3つ目は、ジャンルとしては「仕事のオファー」に近いのだと思いますが、「何かあったら手伝います!」もめちゃくちゃ言ってもらえたんですね。それらもスクショしてグループで「こんなに手伝ってくれる人がいるみたいです!」と言ったら「僕も◯◯さんに言われました!」「私も◯◯さんと連絡先交換しました!」みたいな感じで3人とも別ルートからあって、そこでも効果絶大なんだ、って思いました。こんな人まで手伝ってくれると言ってくれたので百人力です…↓

(「うんち」と打ったら「ちんう〜」と表記されるアプリを作って下さいと打診中です)


4つ目は、「ザクセスやりましょう」から実際「ザクセスというのを作りました!」って発表するまで1年かかってるんですが、この1年の間は特に3人のLINEグループも無く、なんなら僕が2人を誘ったのでこの2人はそもそも知り合いでもなんでもなかったのですが、「作りました!」って発表してからのLINEグループがかなり活性化したんですね。

これはおそらくいくつか理由があって、まず先述のように仕事のオファーが来るからその話になる。あと、思ったより反響があって自分達の中でモチベーションが上がっている。それに、僕は元々めちゃくちゃメモ魔なんですが、メモって見返さないと全く意味ないんですね。でもなかなか見返さないんですよ。そのiPhoneのメモアプリに普段だったら書くような事を、ザクセスのLINEグループで案の種も種の状態でポロっと発言すると、勝手に2人が育ててくれるみたいな事があるんですね。

で、この育てるって何も具体的な案をもらうとかじゃなくて、「いいですね!」の1行で良いんですよ。この「いいですね!」が水であり肥料であるという事です。反応としては「う〜〜ん、どうなんでしょう?」もあるので、その場合はこれは後回しだなってちゃんと判別出来るんですよ。

僕は、たくさん案は思い浮かぶけど、その優先順位が全く分からないというタイプなので(面白いネタはいっぱいあるのに賞レースでのネタ選びを間違う芸人と同じだと思って下さい)、そこはもう人に任せっきりにしたいんですね。「ピンネタ単独中に袖からユンボ突撃し過ぎてきしたかの高野の喉爆発ライブ」みたいに自分の中で絶対やると決めてるライブはわざわざ案を投げたりしないですから。


5つ目は、かなり劇場も抑えやすくなりました。今までは「ここ抑えて、大丈夫かな?」と思ってたけど、今はみんな「3人いるから大丈夫だろう」とポンポン抑えています。3人いるという事は、もし3人のうち誰もライブを思い付かなかったとしても、今までの3倍譲り先が見つかるという事でもあるからです。

抑える時は「ここ抑えます!」と宣言して、劇場を抑えた日程もグループノートにまとめているので忘れるという事も無いと思います。今年劇場抑えてたの忘れてたって件を4つも見ましたからね。1つは緊急グレイモヤの日ですが。今、ライブでは当日キャンセルの多さが課題なのですが(前回のグレイモヤは14人の当日キャンセルがありました)、まあ劇場抑えた事さえ忘れるんならライブ予約なんかもっと忘れるよな〜とは思います。未だにグレイモヤを忘れた事すら気付いてないんじゃないかな。ここの対策はしなきゃですね。


18日間だけでこんな良いことあるんだ、って思ったのでまとめてみました。僕としてはもっと芸人が主催するライブが増えてほしいので、芸人内でこういうチーム作っていく文化が根付いていけば良いなと思っています。「レッドブルつばさ×ひかるぶんどき×シルしまの」チームと「マリオネットブラザーズ・井上×オーケストラホルン・山本」チームはすぐ作ったら良いと思いますよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくれたら嬉しすぎ( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )( ; ; )

22

シャラ〜ぺ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。