感情のシェア「誰もが自分はフツーだと思っている」

感情のシェア「誰もが自分はフツーだと思っている」

細川一滴
00:00 | 00:30
日常生活でも「普通さぁ」とか「常識でしょ」と批判的に思うことがある。しかし「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションをいう」とアインシュタインは言ったらしい。

愛すべき友人たちを思い起こし、その個性や才能を思い出すにつけ、一見変わった特徴こそ素晴らしいと思う。
普通など無いのである。

偏見のコレクションに気づき、解いてゆきたい。
自分がフツーでなくてもいい。

ただ違いが摩擦を起こした時、解決策を探る知恵は身につける必要がある。

摩擦、すなわち感情の動揺を指すのだが
この動揺を解いて、人生に有用なものに変換するのが感情的知性。
常識を学ぶよりも必要な知恵だと思っている。

みんな違って、それでいい。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?

感情の学校URLはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。