感情のシェア Vol.260「嫌なことを嫌と言えないと死ぬ!」

感情のシェア Vol.260「嫌なことを嫌と言えないと死ぬ!」

細川一滴
00:00 | 00:30
自由に感じることをシェアすること。
できれば幸福が得られ、
できなかったらどんなに苦しいことか。

このことに気づいたのは
ドイツの壁博物館に行った時のこと。

かつてドイツは東西に分断されていた。
1961年のある日、一夜にして鉄条網が敷かれ
家族も、恋人たちも離された。
そして鉄条網は長大な壁となっていった。

片方は秘密警察のいる独裁国家として建国され
国民は密偵と内通、相互監視によって自由が奪われた。

壁博物館では、
そこから逃げ出そうと試みた記録がたくさんあった。
壁に近づいたものは射殺だった。

1989年11月9日 壁は解放された。
人々はそこから転げ出るように駆け出した。

その映像が目に焼き付いて離れない。

壁の内側では
政権の言うことを100%聞いていれば
命の保証があった。

それでも人々は逃げ出したくなったのだ。

それは、自由を求めて!
命の保証はなくとも
人は自由を求める。

自由のために命をかける姿をそこに見た。

言い換えると
自由というのは命よりも重く
大切なものなのだと感じた。

好きなことを好きということ
嫌なことを嫌だということ

そして
嫌なことを拒否する権利と
好きなことを追いかける権利が
何よりも大切だ。

これは、
人が生きる上で、
欠かせないことなのだと思う。


あなたの感情は今、どんな感情ですか?

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 

感情の学校URLはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。