花s

「絶望の淵でも大切なこと」

いーんです、いーんです。
自分のことはいーんです。

仕事? やります。
面倒臭いですけど、仕事ですから。
えぇ、キッチリやりますよ!

道化になれ? やりますよ。
それで笑ってもらえるなら。

暇なのが一番無意味です。
とにかく何か、役割があれば何でもやります。

ただ雑談したり、人の話を聞いたりするのはノーサンキューです。
パートナーシップ? いーんです、独りで。
他人と関わるの、超めんどーですから。
いーんです。

Dさんは
育った家庭の家族とは会話がほとんどなかったらしい。
大人になり、独りで暮らすようになったある時、大病を患った。
ギリギリの治療に取り組み、自分の命も精一杯。
そうこうしている間に今度は両親を亡くしたという。

なんとも殺伐とした感じの正体は絶望から来る「他者を受け付けない」という姿勢だった。
私のところには誰も来ない。来ても欲しくない。

役割があれば、何でもやる。
でもそれ以外では生きていく方法は見えない。
本当の自分なんかわからない。
だって役割でしか生きていないから。

Dさんは、懸命に生きていた。
でも、欲しい時に、希望が来ない経験が積み重なるとこころが飢えてくる。
ここで我慢が祟ったり、助けが来なかったりすると心が痛んでくるのだ。

心が痛んでくる=出来事をありのままに捉えられなくなってくる。

どうせわかってもらえない
どうせ助けてなんてもらえない
どうせ誰もこない
どうせひとりぼっち
みんな離れていく
だれも理解なんてしてくれない

という思い込みが強くなってしまう。
こころがこの状態にあると、理解者が現れた時や、差し伸べられている手助けに気づくことができない。

結果として、思い込みの世界を現実化してしまうことになる。

いわゆる
「思考は現実化する」だ。

でも、ここからも抜けようと思えば抜けられる。
ちゃんと悲しもう。絶望の涙を流そう。
そして、感情を誰かと分かち合おう

この涙こそ、本当のあなただと思うのです。
あなたの命が、そこにあります。
絶望の涙も大切だと考えています。

誰かと共に涙できた時、思い込みが外れていくでしょう。
感情をシェアしていく。シェアできる仲間と生きる。
そうやって、どんな時も力強く生きていきたいものです。
------------------------------------------

感情の学校を主催しています。
こ案内はこちら。
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。