行動タイプと感じるタイプ

【行動タイプと感じるタイプ】
親子で相談に来られた方がいました。息子さんは感情を感じるタイプの方、親御さんは行動でどんどん進んでいくタイプの人。息子さんは親御さんが自分のことをちっともわかってくれない!と言っています。親御さんもまた、息子の扱いに困っているようでした。

行動タイプの親御さんは、日常生活の中で、何か困ったことが起きても積極的に行動して解消していきます。感じるタイプの息子さんは困ったことが起こると、不安の中で苦しむタイプなのです。このため、親がわかってくれない!と恨みつらみが募っているようでした。

世の中には行動を価値の中心に置くタイプの方と、感情を感じることに価値を置くタイプの人がいます。そのことを知っておかないとコミュニケーションがすれ違いやすくなります。行動タイプの人から見ると、感情タイプのひとは行動できないダメ人間に見えるかもしれない。でもそういう訳ではないのです。

また感情タイプの人が行動に重きを置く人を見ると、嘘くさく見えるかもしれません。しかしこれもまた違います。タイプが違うということを知っておくのが大切です。そして、自分の感じ方ややり方が全てに通用することはないのです。いろんなタイプの人がいるということを、今一度知っておきたいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。