Vol.322「いよいよ創造性が問われる時」感情のシェア

Vol.322「いよいよ創造性が問われる時」感情のシェア

細川一滴
00:00 | 00:30
「いよいよ創造性が問われる時」
佐藤智恵さんの”ハーバード日本史教室”を読んだ。
日本史を研究していたハーバードの教授たちをインタビューした本だ。

彼らに言わせると日本には、独特の良さがあるらしい。
明治以降、欧米に追いつこうとしてきた日本だが
その線の成長も頭打ちになってきた。

21世紀に入ってから企業も今までのようにはいかなくなった。
いい学校、いい会社という流れもどうやら終わりとなっている。

代わりに新しい会社、新しい仕事が生まれてきた。
今後それが加速されるという。

自分が何者なのか。
自分の中心にあるものを明らかにし、磨き
クリエイティブに分かち合うことが求められている。
さあ、自由に生きようではありませんか。


あなたの感情は今、どんな感情ですか?

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 

感情の学校
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。