真面目に生きてきたけれど、全然楽しくないんです

【真面目に生きてきたけれど、全然楽しくないんです】

その女性は誰もが知る有名大学を卒業し、賞賛と羨望を欲しいままにすることもできたはずです。しかし、全く嬉しくないと言います。聞いてみると「勉強はやらせれたんだ」と言います。彼女はやらされた勉強がたまたま「出来てしまった」のだと言います。でも、本当は辛かった。もっとやりたいことがあったのです。

本心では遊びたかったそうです。友達と一緒に。しかし彼女は学校から少し離れたところに家があったこともあり、近所に友達はいませんでした。田舎だったこともあり、人通りも少なくよる暗い道を一人で塾に通いました。道が悪く、自転車のチェーンが外れてしまい、自分で直すしかないこともしばしば。

理不尽さと、寂しさを感じながらも、どうすることも出来ないんだと思って生きてきました。ただ、親の期待に応えるため。しかし彼女はどんなに頑張っても、褒められることは殆どなかったそうです。彼女の心はだんだんと麻痺してしまいました。

こうなってしまうと、本当にやりたいことを見つけるのが大変です。自分の心が何を感じているのかを取り戻さなくてはいけません。何に傷ついて、本当はどうしたかったのか。どうしてもらったのかを思い出すことが大切です。もし、真面目っ子を演じてきたと思ったら、ぜひトライしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。