スクリーンショット_2019-04-21_23

【妻にわかってもらえない】

「一人で飲みに行きたいんです。家にいてもわかってもらえないから。」夫婦の間で、理解してもらえない感が強まっている様子でした。これはよくある状況なのではないかと思いながら話を聞きました。妻から言われた一言で、イラッときてしまう。妻も夫がイラッとしているのを見て癇に障る。

この状態まで来ると、由々しき問題です。なぜなら健康的なコミュニケーションができなくなっている可能性が強いからです。コミュニケーションは自分の考えや感じたことを伝えることと、相手のそれを聞くことで成立します。伝えることと、聞くことの2つが大切です。関係が悪くなって行くと、これが困難になります。

しかし、できなければ二者の関係は悪化か決裂か、何れにしてもロクなものになりません。どちらかが、最悪の現状を打破しようと思った方がリスクを取り、忍耐力を持って始めることが必要です。このリスクとは、自分が負ける・譲る・我慢するということになります。これ以上我慢できない時に試されるのです。

頼りにできるのはビジョンしかありません。どういう関係になりたいのか、それだけです。近しい関係、特に夫婦だと「どちらが正しいか」という正当性の争いになりがちですが、これは不毛です。相手を叩き壊すだけです。「何を感じたのか」「どうしてそう感じたのか」をお互いに話せるといいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。