スクリーンショット_2018-02-02

最期の日は誰にでも必ずやって来る。

突然その日はやってきた。大叔母が亡くなった。
あのわがままで寂しがり屋で口うるさい、けどどこか憎めない、あの祖母によく付き合ってくれた。仲のいい姉妹だった。

地方に住んでいるのに、よく都内の祖母のところにやってきた。その時は必ず美味い土産を持ってきてくれた。俳句を嗜み、ブリッジや麻雀も好きで、豪華客船で旅を楽しんだりするハイカラな人だった。

ある時、その大叔母が食事中に倒れたと聞いた。
容体が落ち着いてすぐに見舞いに行ったが、健常なコミュニケーションをとるのは難しい状態だった。それからまだ1年も経っていない。そろそろまた見舞いに行きたいと思っていた矢先。
次の知らせは亡くなったというものだった。

昨日まで生きていて、触れば温もりがあった人がある日突然いなくなる。
すぐさま葬儀屋がやってきて、葬式の日程が組まれる。

一人の人間がいなくなる。この純然たる事実をどう認識すればいいのか。
その課題に向き合う時間的余裕すら、与えられないような気がしてしまう。

身近な人が亡くなると、自分が生きていることが強烈に認知される。
自分はまだ歩くことができる。まだ見ることができる。話すこともできる。
これは素晴らしく、有難いことではないか!

もっと、生きていることを謳歌しよう。
そしていろんなことを味わい、体験しよう。

最期の日は誰にでも必ずやって来る。
そして、それがいつかは誰にもわからないのだから。

------------------------------------------

感情の学校を主催しています。
こ案内はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。