道

人生を変えた自由への道

僕が育った家庭は家の中は常に緊張感に包まれ、不穏な空気だった。監視・管理される雰囲気。怒られるのに理由などなかった。
父親の前を通り過ぎればドヤされ、くしゃみすれば年長の兄弟にしばかれる、そんな環境だった。

失敗が許されないどころか、自分は存在してはいけない。
そんな風に感じたものだ。

「生き残るには気配を消すことが最も重要だ」
ヴィクトール・フランクルが、著書・夜と霧の中で語っていたアウシュビッツの世界。読んだときに雷を打たれたような感覚を受けたものだ。その状況がとてもよく分かったからだ。
 
30歳を過ぎて、僕の目標は「自由になる」ことだった。
仕事もしていたし、一人暮らしもしていた。十分自由なはずなのに「自由になりたい!」などと願望を持つのは何とも滑稽ではないか。
しかし、本人はいたって本気だった。
 
自由へつながっていそうなところにはどこにでも出かけた。
本を読んでは勉強会へ行き、セミナーを受け、パーティーにも参加した。
 
成功者と言われる人たちに、人づてに紹介してもらいながら会って回った。
 
学びを深めていくうちに、段々わかってきたことがある。
それは過去に体験したネガティブな出来事が、内面にルールとして埋め込まれ価値観として染み込み、人生に体現されているということだった。
 
 
僕の場合はこんな風だった。

 自分には価値がない。
 自分が目立ってはならない。
 自分の存在は許されない。
 
全てがこんな調子だから、何をやっていても心からは楽しめなかった。衝動的に死にたくなったりもした。
 
僕が自由になるためにはこの価値観=セルフイメージを書き換えることが必要だった。
 
それは自分の中にある価値観やルールをひっくり返すことだった。
 
感じていることを明確にする。
感じていることを表現する。

 
そんなことから始まり、
自分の人生で何があったのか、過去に立ち戻り追体験をしていった。
 
踊ったり、叫んだり、
目立つ格好をしたり、変な格好をしたり、
怒ったり、泣いたりなんでも挑戦した。


じわじわと内面が書き換わり、
あるとき、とても自由になっていた。

今は
じっと人の話を聞いて、その人の愛を見出すこともできる。
踊って楽しむこともできる。
瞑想して心の平安を味わうこともできる。
人生やこころのことでセミナーをすることもできる。

受け取ることと与えることが、うんと自由にできるようになった。
 
自分の命をもっと味わい愉しみたい。
そして、もっと自分を分かち合いたい。
命を有効に使いたい。
そんな風に思えるのだ。
 
何が変わったか?
あえて言うと、中心の部分は変わっていないかもしれない。
 
こころの中心にあるものさえわかれば、
ただ、それでいい。

そう思えるようになった。

アホでも、賢くても
ゲスくても、ホワイトでも
ダサくても、カッコ良くても
綺麗でも、そうでなくても
お金がある時も、ない時も
勇気がある時も、そうでない時も
優しくなれる時も、なれない時も

それでいい。
そのどちらも、自分で自由に味わっていいんだ。


そんな風に楽しめるようになった。
 
完全なる自由への道はまだ半ば。
辿り着けるのかもわからない。
それでも僕はその道を歩み続ける。

今は多くの友達と共に生きている。
この「共に生きる世界」を広げて行きたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「感情の学校」ついにイベント化!
感情に振り回されず人生を自分のものにしていく
・リアル版授業はこちらをクリック
→ https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。

コメント3件

そのままの自分で、いいのですね。いいのですね。ありがとう。
いいのです。いいのです ^^.
改めて読み返ししましが、この文章って自由になれた時の自分を想像できて、心が和らぎますね。一滴さんの言う自由を僕も味わってみたくなりました。ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。