「色々あったけど感謝の日」

「色々あったけど感謝の日」
今日のクルマ移動はひどかった。いつも行き慣れた道。道のりも時間もわかってる。時間も30分は余裕を持って出発した。しかし、どういうことか直前までスムーズな表示になっている道路交通情報だったが、首都高速に入った途端渋滞情報が飛び込んできた。そう起きたての交通事故だった。

渋滞に巻き込まれることは多々ある。その都度ハラハラするが、何とかなるものだ。しかし今度ばかりはどうにもならなかった。乗り込んだ首都高速だったが、自電車とさほど変わらないスピードとなった。気持ちだけが焦っていく。待たせるだろう約束のお相手に連絡する。

このままではダメだ。あまりにも想像以上に渋滞がひどく、前進していないじゃないか。タイミングよく現れた首都高の出口めがけてアクセルを踏む。急いで高速道路お飛び降りた。ようやくこれでスムーズに走れる!と思ったのもつかの間、下道でもクルマの速度は歩いているようだった。

目的地に着いたのは約束の時間より10分遅れ。今日は渋滞、信号、自転車、工事中と、あらゆるものが障害物となった。
約束のお相手には謝るほかない。幸いにもお相手は快く許してくださった。
クルマ移動では散々な目にあったのですが、結果的にはお相手の器の大きさにただ感謝であった。ドラマがあった方が感謝を感じるのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。