スクリーンショット_2019-05-23_20

【綺麗なものを見る=心の洗浄】

「月が綺麗ですね」夏目漱石が英語の"I love you."を和訳するとき、そう意訳したとかしないとか。月を見ながらそんなことを思い出しました。美しいものをみると、心が洗われたように感じます。清涼な空気が胸にスッと染み渡るような感じは心地良いですね。思わず何度も深呼吸したくなります。


緊張していたり、ストレス下にあると呼吸は浅くなります。これがまた良くないそうです。心が洗われると、呼吸が深くなります。落ち着きを取り戻して、リラックスと同時に静かな力が蘇ります。その状態で何かに取り組むことができれば、とてもいい結果となりやすいでしょう。


アウシュビッツから生還した、精神科医のビクトール・フランクルは「厳しい環境の時に”月が綺麗だ”と思えた人が生き残り、絶望した人から先に亡くなった」と言っています。どうやら美しいものをみる感性は、生命力にも繋がっているようです。

普段、時間や責務に追われている場合、特に注意したいものです。綺麗なものを見るのを忘れないでいたいですね。きっと綺麗なお姉さんでも(イケメンでも)道端のタンポポでも、白い雲でもなんでもいいのだと思います。気持ちが塞がっているときはうつむきがちなので、視線は高い方がもしかしたらいいのかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

細川一滴

心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。

心のこと

2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。