2013年1月14日「魔法使い」


 僕は妹が欲しかったので魔法使いに会いにいった。

魔法使いは丘の上で店を営んでいた。


 魔法で何かしてもらいたければ何か買っていきな、

と魔法使いはいった。しかし店の棚に並べられていたのは

ピクルスとかバターとか少年の僕にはあまり

欲しいとは思えないものばかりだった。僕は

金だけ払うといったけれどそれは許されないと

魔法使いはいった。僕は仕方なく

棚の隅にあったけん玉を買った。

すると魔法使いはまずはそれで30分遊べと

言ってきた。僕は素直にそれに従う。

けん玉に夢中になってきたころに

30分がたち、奥の部屋へと案内された。

僕は妹が欲しいとの願いを打ち明けた。

あっさりと魔法使いは承諾し、魔法の杖を

一振りした。そして「終わり。またよろしく」と

だけ言って僕を出口へ案内した。用の済んだ客は

もう客でもなんでもないとでもいうかのように。

 家に帰ると父と母が喧嘩をしていた。

僕は部屋にすぐに入り、布団にこもって

喧嘩の声が聞こえないようにした。

それでも聞こえてくる「別に好きな人が…」

「もう愛していない…」の声。


 僕の願いは本当に叶うのかもしれない。

僕は気をまぎらわすためにけん玉

を振った。一発で赤い玉の穴に

けん先が突き刺さった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります。
1

母音

大学卒業後ずっと書き続けていた日記や雑文や小説などを投稿していこうと思います。面白いかどうかはさておいて、とにかく量だけはたくさんあります。今までそれしかやってこなかったからです。試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

2013年の日記

2013年の日記などをまとめたものです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。