2013年1月26日の日記


 今日は朝は早く起きてコーヒーを飲む。

午前は文章を書いたり色々と調べごとをしたり。

昼食を食べてから興亡の世界史、スキタイ・匈奴編を読む。

4時半ごろから外出し、図書館に本を返しに行く。

まだ帰る気分ではなかったので本屋へいく。

1階で落語の本を読み、

王子の狐と崇徳院の話を読む。

前者は狐に騙されそうになった男が逆に

狐を騙す。しかしお稲荷さんを騙すなんてばちが

あたると注意された男がおはぎを届けるが

狐は馬糞と疑って食べないという話。

後者は茶屋で一目ぼれしあった男女が

お互いを世話やきたちに探させる話。

唯一の手がかりが崇徳上皇の瀬をはやみ~の歌で、

さげもこれに関連して行われる。

現代に通用する笑いじゃないかもしれないけれど、

読み物としては十分面白い話だった。


 それから2階にあがって新書を読む。

村上春樹についての批評(市川真人)と、

有機化学についての本を読んだ。

内容は…まあそれはいいじゃないか。

 夜はギョーザを食べ、また少し本を読み、

奇妙な文章を書いて今にいたる、というわけ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります。

母音

大学卒業後ずっと書き続けていた日記や雑文や小説などを投稿していこうと思います。面白いかどうかはさておいて、とにかく量だけはたくさんあります。今までそれしかやってこなかったからです。試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

2013年の日記

2013年の日記などをまとめたものです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。