見出し画像

2014年2月9日の日記


 屋根の雪が解けて、地面にしずくがぽたぽたと落ちる。街はその音で満ちていて、私自身も今日はその音で目覚めた。時々どさっとまとまって雪が落ちる音がする。去年の大雪の翌日もこんな感じの音にあふれていたな、と私は思った。

 街は雪でびしょびしょであった。私は一歩一歩踏みしめるように雪道を歩いていった。26センチ積もったとい言っていたが、それでも午後には結構とけてしまっていた。


 道路を走る自動車のいくつかはタイヤにチェーンを巻いているようで、それが走るときにすごい音を立てる。この音が非常にうるさく、しかも人の不安をあおる音で、後ろから近づいてくるその音が怖く、私は何度も後ろを振り返ってしまった。


 川の風景もそこまで綺麗だとはいえなかった。


 今日は朝はさば定食で、昼は餃子定食、夜は刺身定食であった。どれももちろんおいしかった。

 午後に出かけて対岸の本屋へ行った。目に付いたものを片っ端から読んでいった。三軒茶屋星座館とかいう小説、アリス・マンローの小説、ドイツ語の単語集、西洋美術についての本、それから福島良太の復興文化論…。知的刺激にあふれた素晴らしい時間であった。

 夜はさっきまで美について文章を書いていた。2時間ほどぶっつづけで書いていたのでもう疲れてしまった。しかし心地良い疲労感であることは間違いない。何かいい方向に向かっているのであろうか。


 明日には父が帰る。雪は溶け、父は帰る、というのはなかなか詩的な言葉であるように思う。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります。
4

母音

大学卒業後ずっと書き続けていた日記や雑文や小説などを投稿していこうと思います。面白いかどうかはさておいて、とにかく量だけはたくさんあります。今までそれしかやってこなかったからです。試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

2014年の日記など

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。