2013年12月22日の日記


 今日はランニングにいき、昼はピザとシチュー(昨日の残り物)を食べ、夜は寿司を食べた。それしか言うことがないのかといわれてしまうかもしれない。しかし思いつくのがそれぐらいしかないのだ…

 竜があったは書けない。書かなければいけないのだが。書かないといけないいけないと思うとなかなか書けない。ある程度リラックスしていないといい文章は書けない。

 少し腰が痛いかもしれない。


 数日前、ランニングしている途中、堤防のそばの坂にサンタの帽子をかぶった幼女が座っていた。街のどんな華やかなイルミネーションを見てもわかなかった「クリスマスなのだ」という実感が、あの幼女を見た時にだけはもりもりと湧いてでてきた。なぜか今そのことを思い出した。

 12月ははっきりいってぐうたらの1月だった。…なんとかここから盛り返して1年の総決算をしなくては…

 しかし力が出ない…

 いや、でも出るはずだ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります。
2

母音

大学卒業後ずっと書き続けていた日記や雑文や小説などを投稿していこうと思います。面白いかどうかはさておいて、とにかく量だけはたくさんあります。今までそれしかやってこなかったからです。試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

2013年の日記

2013年の日記などをまとめたものです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。