見出し画像

コンプレックスしかない私の肌

私のお肌は乾燥肌でもありオイリー肌でもあり、スキンケアもどっちを重視したら良いのか…コンプレックスしかありません。しかも、大量の黒ずみ毛穴、ニキビ、アラサーを迎える近年ではシワやたるみの悩みも追加された。

乾燥しているから24時間いつでも顔はつっぱった感覚と笑えばシワ。そのわりに鼻はいつも油田状態で1時間に一度はティッシュでオフ。

毛穴は開きっぱなしで黒く、ダメだと思いつつも定期的に毛穴の汚れを押し出してしまう。立派な角栓が出てきたときには達成感でしばらく角栓を観察。

こんなことをやっていては毛穴がエンドレスででき続けるのは分かっている。しかし放置すればどんなに丁寧な洗顔、スキンケアをしても角栓は日々成長するし、やめられないのである。

コンプレックスしかないと前述しましたが、たった1つだけ人に誉められる部分があり、それは色白なこと。しかし色白は罪でありシミや毛穴など、色黒の人に比べてアラが最大限目立つ。せっかくの色白も台無しである。

今ギリギリ20代だけど、きっとこれから30代40代になるにつれシミ達が目立ってきて、さらに色白を恨むことになるだろう。

化粧ノリもその日によって全然違う。良い日はない。乾燥が勝っている日はファンデーションがシワのところでひび割れていて、笑うたびにファンデーションが割れているのを実感するレベル。

オイリーが勝っている日は化粧直後からファンデーションが浮いており、心なしかファンデーションの色も油と混ざって酸化したような、黄色っぽい色に変化する。

パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、色々試したが合うものはなく、いつもアラを隠そうと厚塗りになってしまい、化粧完成した直後にスッピンのほうがマシ?とさえ思う。

しかしこれだけコンプレックスがあるとスッピンで家から出る勇気はなく、逆効果かもしれない化粧を施して外に出ても人にあまり近くから見られないように目線を避けながら生きています。

私は金銭的余裕もないので、もしお金持ちだったらエステに通ったり高いスキンケアをすることができれば、良くなるのかななんて、女としてはまだまだあきらめたくない気持ちでいっぱいです。

片方だけのホウレイ線

画像1

ここ数年、写真を撮ると昔に比べて顔がだらしなく弛んでいるように見えます。目尻も口角も重力には逆らえず。


一番気になるのが右の頬の辺りのホウレイ線とたるみ。左側にはホウレイ線が入っていないのにどうして?


どうやら肌だけの問題ではないようだと思い、美容皮膚科の先生に相談してみました。


すると意外な答えが、、、


どうも右側だけ輪郭も痩せているように見えるというのです。

歯科的なものも関係するということ。

よくよく考えてみると右の歯の虫歯の治療後、なんとなく歯がういた感じがするので左側だけで食べ物を噛む癖がついていたのでした。

そのことを美容皮膚科の先生に伝えたところ、何年も片側だけでものを噛んでいると噛み合わせが悪くなり顔が歪んでくる、と。


それから気をつけて右側も使って食事をするようにし、日中はガムをひたすら右側だけで噛むようにしていました。

それに加えて顔のツボをマッサージしたり、意識高い系男子の息子のアドバイスでお風呂の中で「あいうえお」を顔の筋肉をいっぱい限界まで使って発音したりものすごい笑顔を作ってみたり怒った表情をしてみたり、、、するとしばらくしてから少し右側のたるみが気にならなくなりました。

噛み合わせや姿勢など骨格筋がしっかり健康でいないと美容にも影響するんだなぁと思いました。

Twitterで話題のビハククリア。効果や口コミをリアルにお伝えします

ビハククリアをシミやくすみに使った私の口コミを紹介します。
人気のシミ消し化粧品ビハククリアを3ヶ月間使用して、どんな効果があるのか確かめてみました。 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

渡辺みお

25歳を過ぎて、肌質が変わってきたことを実感しはじめました。 シミやくすみが徐々に目立ち始め、なんとかしようと焦っていました。 そんな戦いの記録です♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。