ないスペックをアピールする錬金術

こんにちは。オンクです。

皆さんもご存知のとおり、僕はそのへんにいる何の変哲もないごく普通の会社員です。僕は学生時代から頑張って良い会社に入ったらモテるという信仰を猛進していたのですが、大人になってからそれだけでは意外とモテないことに気づきました。QOLを上げるためにスペックの良さはそれなりに役に立つけれど、モテるためにはそれが逆効果になることさえあります。まさにモノは使いようです。というわけで今週はスペックアピールについて考えてみたいと思います。よろしくお願いします。


なぜ男はスペックアピールしたがるのか

「おれ?M井物産だよ!」
「6チャン(某T○Sのことらしい)に務めてるんだけどさ」
「えっ、仕事?これ(ジャケットの弁護士バッジ)みたらわからない?」

僕はこれまで数多くのパーティーや街コン、スタンディングバーなどでこうしたスペック自慢をするイタイ男性をたくさんみてきました。これらのような直接的なスペックアピールは、自分がセックス不足の非モテであることを意味し、女からの食いつきを下げてしまうのはこの恋愛工学やナンパ師界隈では広く知られた事実です。まあ一般論で考えてもイタイことは容易に理解できます。


ではなぜそこまでして彼らはスペック自慢をするのでしょうか。

週刊恋愛サロン第39号『ないスペックをアピールする錬金術』と同じ内容です。マガジン購読するとPuANDAさんムッタさんの記事もあるので1記事あたり約100円で読めてオトクです。)

この続きをみるには

この続き:3,968文字

ないスペックをアピールする錬金術

オンク

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

オンク

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。