グダを発生させず美女を家に連れ込む方法

こんにちは。

IT戦士オンクです。

もうすぐ梅雨の季節です。

新たな出会いを求めに街にでたい気分ではありますが、

フランスの南ブルターニュ大学の研究によると、

ナンパの成功率は、晴れの日の22.4%に比べ、

曇りの日は13.9%にまで下がってしまうことがわかっています。

梅雨の時期ならどうなるかだいたい想像できますね。

というわけで、しばらくの間はデートが増えることを見越して、

今回はデートの肝となる、家へ女の子を連れ込む方法(ACSモデルでいうC→Sへのフェーズシフト)について書いてみました。




恋愛で最も難しいのはふたりきりの空間への移動

「明日仕事だから今日はもう帰らないと…」

「まだ逢ったばっかりだから家はちょっと…」

「また今度にしようよ…」

恋愛経験がある男なら誰もが

良い感じになったはずの女の子を家に誘い、

こう言われた経験があるはずです。

(これを恋愛工学やナンパ用語で「グダ」といいます。)


あたり前ですが、セックスするためには家やホテルといったふたりきりの空間に移動しなければいけません。

しかし、まともに誘うと当然女の子はグダります。

こうしたグダの理由は女の子が女であるがゆえに抱える、

2つの不安が要因となっています。

そのためふたりきりの空間への移動

すなわち、ACSモデルのComfort-Buildingフェーズ→Seductionフェーズへのフェーズシフトが

恋愛では最も難しく、鍵となる部分といえます。

(ACSモデルについては、こちら『恋愛シーンで必要な観察力とはなにか~脈ありサインの読み取り方と応え方~』で解説してます)


恋愛工学やナンパ業界では、名立たる凄腕プレーヤーから

これを突破するための様々なルーティーン(テクニックを手順化したもの)が紹介されてきましたが、

基本的にはどのルーティーンもこの2つの不安に対処しているに過ぎません。


よって、これらのルーティーンがなぜうまくいくのか、

このあたりの原理を理解したうえで

シーンや相手に反応にあわせた打ち手を選択していくことが、

フェーズシフト失敗を防ぐ近道ともいえます。


それでは、

・なぜ女はグダるのか

・2つの不安とはなにか

・これらの不安にはどのように対処すべきか

・美女の場合にはどう対処すべきなのか

について、説明していきたいと思います。


この続きをみるには

この続き:5,563文字/画像1枚

グダを発生させず美女を家に連れ込む方法

オンク

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

66

オンク

恋愛工学

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。