スタンフォードの地蔵を力に変える教科書

こんにちは。オンクです。

週刊恋愛サロン第22号では、書評担当ムッタさんの記事『noteを捨てて街へ出よう!』の中で行動することの大切さをお伝えしました。そして、いざ行動しようと思い立ったとき必ず直面するのが地蔵問題です。地蔵とはナンパの際に女の子に声をかけられず立ち尽くす状態のことをいいます。残念ながら地蔵問題についてはこれといった効果的な対処法はありません。しかし、突き詰めていくと地蔵問題の本質はナンパに限った問題ではなく、これから長い人生を生きていくうえで、ひとつ大切な知見をもたらしてくれます。
というわけで、今回はナンパの地蔵問題についてです。今週もよろしくお願いします。


地蔵問題はナンパに限った問題ではない

「よし、おれもナンパして素敵なパートナーをみつけよう!!」

そう思い立ち、恋愛市場に繰り出すと必ず直面する問題があります。 地蔵です。「地蔵」は、主にナンパ業界で使われる用語で、女の子に声をかけることができない状態のことをいいます。しかし落ち着いて考えてみると、このとき胸の鼓動が早くなったり、汗をかいたり、耳が熱くなったりといった身体的変化が起こっています。これはナンパのときだけに限らず、恋愛だと、

・初めてデートに行ったとき

・告白するとき

・家やホテルに誘うとき

ビジネスシーンだと

・数十億の売上がかかったプレゼンの前

・利害が対立したハードな交渉をするとき

・威圧的な顧客に説明するとき

なんかにもあてはまります。

地蔵のようにその場に立ち尽くすまではいかなくても、多少なりとも自信がなくなったり、話し方がぎこちなくなったり、声が小さくなったりして思っていたほどのパフォーマンスが発揮できなくなります。こんなときはまさに地蔵と同じ状態にあります。では地蔵とはいったい何なのでしょうか。科学的な視点から地蔵問題を紐解くとともに、その対処方法について考えてみたいと思います。


人はなぜ地蔵するのか

結論からいうと、地蔵とは一種の「ストレス反応」です。

胸の鼓動が早くなったり、汗をかいたり、耳が熱くなったりするこの身体的変化がストレス反応にあたります。人間含め生物は、大切なものが脅かされたり、不安や恐怖を感じたりしたとき、一瞬固まり(Freeze)、すぐ行動できるよう身体中にエネルギーを行き渡らせた後に、逃げる(Flight)または闘う(Fight)という選択をとるようプログラムされています。この固まる(Freeze)という状態がまさに地蔵なわけです。

進化論の視点から考えてみも、危険を察知したとき固まるという選択肢は、敵に気づかれず生き残るためには有効な選択といえます。しかしながら、現代社会では敵に気づかれたところではるか昔の狩猟時代のように命を落とすことはほぼないため、多くのケースでこの習性は不利にはたらきます。ナンパに限らず、なにかリスクが伴うことをやろうとしたとき、不安や恐怖を感じ、たびたびストレス反応は起こります。しかし、神は生き伸びるための恐怖という感情と同時に、恐怖に挑む勇気も与えてくれています。ではどうすれば恐怖を勇気を変えることができるのでしょうか。

週刊恋愛サロン第23号『スタンフォードの地蔵を力に変える教科書』と同じ内容です。マガジン購読するとPuANDAさんムッタさんの記事もあるので1記事あたり約100円で読めてオトクです。)

この続きをみるには

この続き:5,193文字/画像3枚

スタンフォードの地蔵を力に変える教科書

オンク

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

オンク

ナンパ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。