アメリカでのデザインキャリア構築マニュアル 目次

デザイン思考のその次の21世紀型デザイナー像やデザインプラクティスを模索するため、2018年夏からNYのパーソンズ美術大学 デザイン&テクノロジー学科に在学中の岩渕正樹 (@powergradation)と申します。
卒業後はアメリカのデザインファームにて働くことを考えています。日本を出て行くデザイナーというキャリアパスのライフドキュメントとして、noteに留学記を残していきます。(最終更新: 2019/05)

留学相談・お仕事の依頼はこちら

社会人留学の準備と出願、合格まで

1. スケジュールについて
デザイン留学は2年で決めよ

2. 出願プログラム選択について
海外のMedia Designプログラムまとめ
海外の夏のデザイン短期プログラムまとめ

3. 英語スコアメイクについて
デザイナーのための英語 [基礎編]
・デザイン留学のための英語 [IELTS実践編]

4. ポートフォリオ準備について
海外のデザイナーの "強い" Portfolioまとめ

5: 資金調達について
デザイン留学の資金調達、絶望と歓喜の全記録

6: その他のTips
まる1年悩み続ける志望動機エッセイの仕上げ方 (合格エッセイ原文公開)
・大体自分でドラフトすることになる、3通の推薦書の作り方
・仕事との両立が大変すぎて心折れそうになったら
・最終Skypeインタビューの打診がきたら
・合格してから出発までにやること

渡米してから

NYでのデザイナー生活、はじめました。
ParsonsDT 夏のBootcampまとめ
改めてParsonsとデザイン留学を振り返る

パーソンズでの学び・デザイン論

「インタラクション」とは何か?
「死を赦す」デザイン
・文化をデザインするTransition Design その1 その2
21世紀のためのデザイン
クリティカル・デザイン思考
「問いを立てるデザイン」が出てきてるけど、

夏休み・冬休みの過ごし方

京都工芸繊維大学D-labの招聘デザイナーに着任しました。

芸術学修士取得後

・アメリカで働くまでのタイムライン

私のミッション・ステートメント

ユーザー中心デザイナーです
デザイン・テクノロジー・ビジネスの力を借り、ユーザーが今抱えている問題を解決し、ユーザーに望まれる世界をつくります。

アンチ・ユーザー中心デザイナーです
フィクション・リサーチ・エクスペリメントの力を借り、人々が将来直面する問題を批評し、人々と世界の今とは異なる可能性をひらきます。

これまでの経歴
2018 Parsons School of Design Design & Technology 在学中
2018- Artrigger株式会社 CXO (Designship SUPPORTER)
2009 - 2018 IBM Design デザインコンサルタント
2009 東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻修了
2007 東京大学工学部 電子情報工学科卒業

受賞・展示歴等
2018 Parsons School of Design President Scholarship
2017 Selected for New Japan Photo Exhibition @ IMA Gallery
2012 Selected for IBM Japan Technology Leading talents
2009 ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞
2008 グッドデザイン賞

ポートフォリオ
http://iwabm.github.io/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事が面白いと思ったら、NYのMASAに明日の授業中に飲むコーヒー1杯をサポート! こんな情報知りたい!などのご意見・ご感想もお気軽にどうぞ!

ありがとうございます〜!
31

海外デザインスクール留学・就労記事まとめ

海外デザインスクール在学中・卒業生の方々による出願Tips、海外のデザイン事情に関する記事をまとめています。 読者層は海外留学を検討中の方、日本以外にも見識を広げたいデザイナー、他国のプログラムと情報交換をしたい留学中のデザイナーを想定しています。 #デザインタグをチェック...
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。