見出し画像

岩沢兄弟の工作室。モノマチ初出店で真空成形しましたよレポ。

先週末、最高気温が32度だったんですって。5月なのに…シンジラレナイ…。

そんな記録的な暑さの中、僕たちは台東区のものづくりイベント「モノマチ」に出店者として参加していました!

モノマチ・・・2011年から始まった「モノマチ」。古くから製造/卸の集積地としての歴史をもつ台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km四方の地域)を歩きながら、「街」と「ものづくり」の魅力に触れていただく3日間のイベントです。

何を出店したかというと、なぜか家具でも什器でもなく…。今回は「真空成形体験」のできるワークショップスペースとして、岩沢兄弟の工作室(またの名を事務所)を開放していました。

どうして「真空成形体験」?と思うかもしれませんが、実は僕たちは今、真空成形技術を持っている葛飾区の中小企業、株式会社ラヤマパックさんと一緒に新サービス開発をしているところなのです。

真空成形と聞くと、あんまり馴染みの無いことばかもしれないですが、例えば、豆腐のパックやお肉のトレイ。化粧品や文具を買う時の透明のプラパッケージなんかは、全て真空成形技術で形がつくられて(成形して)いるんです。

今回は、ラヤマパックさんが開発した、1つから簡単に「真空成形」が楽しめる機械、卓上真空成形機「V.former」をつかったワークショップを試しにオープン!僕たちのアイデアのプロトタイプを見てもらったり、実際に遊んでもらいながら、新しいアイデアを見つけようという作戦ですw

これが「V.former」。

いろんなものをパックすることができます。

サービスアイデアの試作もいくつか準備。例えば、こんな風に丸や四角などのシンプルなオリジナル型を用意しました。

デザインができなくても組み合わせ次第で自分なりのデザインをつくれるツールキットです。

いざ実施!土日の2日間で、いろんな使い方に出会いました!

例えば、モノマチで買った糸巻き専用のパックをつくったり。

自分の時計や家の鍵を「金型」的に使って、成形してみたり。

ボンド専用のオリジナルカバーをつくったりw

オリジナル標識つくってみたり。

お気に入りのフィギュアを「マイパック」も!

僕たちのアイデア、思い出をパックする「Pack Your Story」を実際にやってくれたご夫婦もいました!お母さんの形見の裁縫セットや、壊れた時計。使わなくなったミニカーなどなど。ひとつずつパック!


なんだかんだで、人が人を呼んで、岩沢兄弟工作室はやんわり賑わい続けていました。

さぁ、今回いろんなお試し結果が出てきたので、やったほうが良さそうなこと、やりたいことがむくむくと育ってきました。

次のお披露目はいつになるかな? またレポートします!


よかったら、インスタもフォローしてね。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
2

岩沢兄弟

「モノ・コト・ヒトのおもしろたのしい関係」を合言葉に、人や組織の活動の足場となる拠点づくりを手掛けています。 空間・家具などの立体物設計、デジタル・アナログ両方のツールを活用したコミュニケーション設計が得意。。http://battanation.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。