岩渕 想太

パノラマパナマタウンで歌ったり、ラップしたりしています。福岡県北九州の商店街に生まれる。レペゼン地方都市で、映画と喫茶店が好き。

軟式ボール直撃した感触に何て名前をつければいいんだろう

軟式ボールがデコや眼に直撃すると、
鼻の裏側あたりからスーンという感覚が口の中に抜ける。
何故か冷んやりしたその不思議な感覚を、俺は「白」そのものが身体の中に入ってくみたいだと思っていた。
クソ下手っぴな中学野球部の頃の思い出。

名前がない感覚ってのはある。
説明しようとする時に、「あ、あ、」って言葉が出てこない時。
あれは、胸の中のモヤモヤを、表す言葉がないんだろう。
何通りかの言葉が、俺の

もっとみる

正論の溜まり場インターネットと「高評価」と「低評価」の間にある銀河系

「いい人」と「悪い人」しかいちゃいけないインターネットに疲れた。
このちっちゃな画面の中には、「高評価」と「低評価」を押すボタンしかなくて、その間の幾千通りの感情が四捨五入されて死んでいる。

有名人。
一度、「いい人」って決まっちゃえば、武勇伝やら伝説やらどこから出てきたかもよう分からん逸話が山のように湧いてくる。反対に「悪い人」扱いされたら、悪い噂やその人を否定する意見が湯水の如く溢れ出る。

もっとみる

『アメリカン・アニマルズ』と通り魔の心境

『アメリカン・アニマルズ』という映画を観た。
ストーリーとしてはすげえしょうもなくて、アメリカのごくごく平凡な大学生4人が時価1200万ドルの画集を盗みに行くまでと、盗んでからを描いた映画なんだけど、驚くべきはそれが実話だということ。
だから、『トレインスポッティング』みたいに4人の若者の荒くれた青春像を期待していた俺としては面食らったわけだ。ほとんどドキュメンタリーじゃんこれって。実話かよって。

もっとみる

ずっとマイペース

想像して欲しい。
中学の野球部。新人戦初勝利。
ご褒美にと言って、監督が飯に連れて行ってくれるとのこと。
「焼肉がいいか、すき焼きがいいか?」と尋ねてくるが、自分は肉が好きな方ではない。
別に嫌いでもないんだけど。

さも、男だったら肉が喜ぶだろうとの口ぶりに疑問を抱えながら、
他の部員の圧倒的支持により、焼肉に決まる。
「今日はいくらでも食べていいけえの」と嬉しそうな監督。
嬉々として、もはや生

もっとみる

「HUMAN PARTY」の後で。

全国9箇所を回る「HUMAN PARTY」ツアーが昨日の恵比寿LIQUIDROOMにて、終演しました。来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。この文章は、アーカイブ的な意味もあるけど、基本的には来てくれたみんなに向けて書こうと思います。先ずは、最初に一言。最高にいいツアーだったぜ。ありがとう。

タイトルは「HUMAN PARTY」これどういう意味かっていうと、毎回説明はしてたんだけど、「

もっとみる

年始、石巻 日和山公園に行った話

石巻駅から歩いて20分ほど、山を登った先に日和山公園がある。高台なので、遠く水平線まで見渡せる見晴らしの良い公園。古くは、松尾芭蕉が訪れ句を詠んだと言われているらしいが、詳しくは知らない。東北を観光していると、本当に至る所に、松尾芭蕉の句碑があり、「松尾芭蕉、句詠みすぎだろ」という気持ちになっていたので、詳しくは調べなかった。ともかく、年始に日和山公園に行った。目で見てみたかった。2011年3月1

もっとみる