淋しさに紛れて踊る風の盆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
2

十六夜

満ち足りた後の透き通った気怠さ。うつらうつらとした浅い眠りの夜の淡いに消え行きそうな短文を書き連ねています。 お気に召したら教えてください。

朝顔の庭

初夏から晩夏にかけて、心に留めた言葉を紡いで「句」もしくは「短詩」として書き溜めたものをまとめました。 俳句は季節感を大事にするので、発表のタイミングを逃し時期を逸してしまった未発表作もいくつか入っています。 ほとんどが、日記のように自然に湧き出た短詩のため、同じような単語...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録