森本湧水(モリモトイズミ)

地方在住文章書き。ひらがなが書けるようになったころから「何かは書いていた」記憶がある、生粋の文章書き。とにかく書くのが好きで、好きが高じてウェブライターになりました。もっと好きなのが小説を書くことで、小説は私のごく親しい友人のようなものです。どうぞよろしくお願いします。
固定されたノート

ノート、始めました。

はじめまして。森本湧水と書いてモリモトイズミと読みます。本当は泉です。何故当て字を使っているかというと、いろいろ理由はあるのですが、簡単に、

「今までの自分を変えたい」

と思ったからです。自分を変えたかった理由もいろいろあります。その一環で、ノートに出会ったともいえます。

でも名前自体は変わっていないのですけどね。

私は文章書きです。文章と言ったらどんな体のものでも書くというなかなか節操の

もっとみる

なんか、このページ、削除された見たいです。

さようなら。

「私の書いたものがダメなんなら、読んだあんたもダメなんだよ」
とダメ出ししてくる人間と喧嘩がしたいくらいです。

ああ。喧嘩がしたい喧嘩したい。

昔夫に、

「引き出しの中身が無くなるまで書かないと駄目だよ」

と言われた。もう無理だ。

「写真も撮らない」

今、写真を撮らないことの方が難しいのではないかと思った。ダケレオタイプとかカメラオブスキュラなんかの時代には、写真は金と時間と命を掛けた娯楽だったけど、今では朝のあいさつみたいに写真を撮る。これだけ写真を撮ることが簡単になるまで何人人が死んだかなあなんて私は思うのだ。私は仕事柄、知人とよく酒を飲みに行く。それで、ガラスとか皿とかよく写真に撮るのだけど、今日はそんなことはしなかった。私はその友達と、

もっとみる

「花嫁さんの汚いの。」

若者はお金無いから。公園で手作りのドレス着て備え付けのつり鐘りんから。友達に見守られて、頭上に時計草。良いことです。幸せは度外視ね。私も昔花嫁さんでした。とっても汚い花嫁さん。何せ茶色いドレスだったからね。難十年もおばさんたちが着古してまっちゃっちゃになっちゃったきれだつたからね。…服って言いたくないんだ。花嫁さんの汚いの。私は確かにそれだった。好い人なら幸せだし悪い奴なら不幸だし。私は真ん中より

もっとみる